アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

室伏の証言がハンマー繰り上げ金呼んだ

男子ハンマー投げで金メダルに繰り上がり、記者会見する室伏(撮影・野上伸悟)

 アテネ五輪陸上男子ハンマー投げで銀メダルを獲得した室伏広治(29=ミズノ)が金メダルに繰り上がった。国際オリンピック委員会(IOC)は29日、アテネで理事会を開き、同種目で優勝したアドリアン・アヌシュ(31=ハンガリー)について、再検査を拒否したことによるドーピング違反と断定し、同選手を失格として金メダルをはく奪した。これにより室伏の繰り上がりが決定。日本の金メダル数は過去最多の1964年東京大会の16個に並んだ。

 金メダル繰り上がりが決まり、室伏はアテネ市内で会見に臨んだ。そして「皆さんに見てもらいたいものがある」と話し、自筆のメモを報道陣に配った。メダルの裏に書かれたギリシャの古代語の文章を周囲の協力を得て訳したという。「真実の母オリンピアよ。あなたの子供達が競技で勝利を勝ちえた時、永遠の栄誉(黄金)をあたえよ」。室伏は「金メダルより重要なものがある。本当の真実の中で試合が行われることが、どれだけ大切かと思って引用した」と力説した。

 ドーピングは断固許せない室伏の信念を示した。それは今回の疑惑追及にも大きく働いた。IOCを再検査へ動かしたのは室伏自身の証言だった。「絶対におかしい。(アヌシュは)競技途中でトイレに行ったのに、競技後のドーピング検査は誰よりも先に尿が出て終わっていた」。選手村の沢木啓祐・陸上監督の部屋で、切実に訴えたという。

 競技後の検査でアヌシュは陰性だった。IOCも1度は「不正はない」と発表した。しかし、室伏の証言を受けて日本オリンピック委員会(JOC)はあきらめず、徹底調査を訴えた。選手の証言を得たことでIOCの対応が一転した。調査の結果、アヌシュの尿検体が競技前の検査と競技後の検査では別人のものである決定的な証拠をつきとめ、理事会後に発表した。

 この日、IOCは理事会に先立ち規律委員会を開いた。病気を理由に欠席したアヌシュに代わり、ハンガリー・オリンピック委員会(HOC)のシュミット会長から再検査を拒否した理由を聞いた。同会長は検査場所が警察署だったことを指摘して「犯罪者でもないのに」と主張した。しかし、IOCは検査拒否の正当な理由はないとして「拒否は失格」の規定に従い、金メダルはく奪を決めた。

 22日のハンマー投げ決勝でアヌシュは3投目に83メートル19を投げた。室伏は最終6投目に82メートル91で、28センチ及ばなかった。アヌシュはその後のドーピング検査をパスしたが、翌23日の円盤投げで同じコーチの指導を受けるファゼカシュが尿検体の提出を拒んで金メダルをはく奪されたことで、IOCは追跡調査を開始した。27日に検査官をハンガリーまで派遣。再検査を要請したが、アヌシュは指定場所に現れなかった。疑惑が広がると「尊厳を傷つけられた」と引退を表明し、騒動に幕を下ろそうともした。

 室伏の金メダルは陸上のトラック、フィールド種目では36年ベルリン大会の3段跳びの田島直人以来、実に68年ぶり。投てき種目ではアジア初。前回シドニー大会で9位と惨敗したが、2度目の五輪でついに世界の頂点に立った。「一番重要なのは努力し続けることだと思っている」と室伏。4年後は連覇を目指す立場となった。

[2004/8/30/10:10 紙面から]

写真=男子ハンマー投げで金メダルに繰り上がり、記者会見する室伏(撮影・野上伸悟)


【関連情報】
アテネ五輪特集アンケート実施中!

 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。