アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

豪戦は松坂!長嶋ジャパン24日準決勝

 頼むぞ、松坂−。野球の日本代表がきょう24日、準決勝で豪州と対戦する。先発には西武松坂大輔投手(23)を起用し、必勝態勢で臨む。17日のキューバ戦に先発し、ライナー性の打球を受けた右腕も回復し、万全の状態。1次リーグで唯一の黒星を付けられた相手にリベンジを果たし、金メダルに王手をかける。

 1つの勝敗がメダルの有無、色を左右する。豪州との準決勝はまさに運命の十字路だ。長嶋ジャパンの行方はこの男に託す。松坂が静かに決意を明かした。「どんな形でも、勝てるピッチングをしたい。いろんな人のためにも、勝たないといけない」。最終調整は球場近くの練習場で行った。決勝に先発予定の和田を相手にキャッチボール。短距離のダッシュを繰り返した。リラックスした表情。燃え上がる闘争心は決戦当日まで隠した。

 できる限りの努力はした。17日のキューバ戦、モロに打球を右腕に受けた。試合後は1時間置きに、アイシング。翌日から2日間は「マイクロカレント」という機器で治療した。個所に微弱電流を流し、血液の循環を良くした。細胞を活性化させ、新陳代謝を促進。「腫れはひどくない。治りが早かった。投球には問題がない」と河野トレーナー。今も赤く打球の跡が残るが、松坂も「多少痛みはあるけど、大丈夫です」と回復をアピールした。

 22日には「カナダ−豪州戦」を自ら偵察した。城島、相川と並び、ネット裏の最前列から熱心に見つめた。勝者がキューバ、敗者が日本。準決勝で相手が決定する一戦で豪州はニルソン、ゴンザレスの主力2選手を先発から外した。予選で撃破した日本の方が組みやすい。挑発的なさい配に日本側も敏感に反応した。中畑ヘッドコーチは「必ずリベンジしてやる」と言えば、高木守備走塁コーチも「こっちにもプライドがある」と続いた。もちろん、松坂も黙ってはいない。「負けた相手なので、勝ちたい。しっかり(ボールを)見て、振ってくるイメージはない」。豪州打線の粗さが目につき、恐怖心は感じなかった。

 松坂のシドニー五輪は韓国との3位決定戦で敗れ、終わった。アテネの戦いはまだ終わらせるわけにはいかない。その右腕で金メダルに王手をかける。【田口真一郎】

[2004/8/24/09:52 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。