アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

礼子銅!残り15メートル追い込んだ/競泳

銅メダルを手に笑顔を見せる中村(撮影・野上伸悟)

<アテネ五輪競泳:女子200メートル背泳ぎ決勝>◇20日

 女子200メートル背泳ぎで、中村礼子(22=日体大)が銅メダルを獲得した。中村は得意の後半で追い上げ、2分9秒88の日本新をマーク。大接戦を制して3位タイに飛び込み、2大会連続で日本の女子背泳ぎにメダルをもたらした。昨年10月から北島康介を育てた平井コーチの指導を受けて精神的に成長。持ち前の素質が、大舞台で開花した。同種目の寺川綾(19=近大)は8位だった。

 2度同じ失敗はしない。残り15メートルから、中村が強さを見せた。100メートルで逃したメダルへ執念の追い込みだ。「落ち着いていこうと思ったけど、最後は無我夢中だった」。小さな体をグーンと伸ばしてタッチすると、念願だったメダルへ手が届いた。「最後は分からなかったけど、本当に良かった。(2分)10秒を切ることができて、念願のメダルが取れた。満足だし、うれしい」。涙がこみ上げた。

 100メートル決勝では、最後の15メートルで足が動かなくなった。右手の甲に「余裕」の文字を書いて心を落ち着かせたはずだが、どこかで焦りが出た。しかし、今季世界ランク1位の2分10秒09のタイムを持つ200メートルで見事に雪辱。「今の力がこの結果だと思う。お客さんの声援で、最後まで頑張って泳ぐことができました」。

 昨年10月、平井コーチのもとに駆け込んだ。中学時代から強化選手に選ばれながら大舞台で結果が出ない。昨年の世界選手権(バルセロナ)も決勝に進めなかった。自分の殻を破りたい。北島らと毎日一緒に練習することで、世界への意識はこれまで以上に高まった。「自分からお願いして見てもらったから安心して練習できる。精神面、技術ともすべてが変わった」。1日30キロ泳いだ。つらくても、五輪メダルのために耐えてきた。天才的な技術があるわけではない。メダル獲得はこれまでの地道な練習の積み重ねがあったからこそ。どん欲な姿勢を貫いた中村に幸運は舞い降りてきた。【田口潤】

[2004/8/21/09:27 紙面から]

写真=銅メダルを手に笑顔を見せる中村(撮影・野上伸悟)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。