アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

日本、男子団体予選1位/体操

<体操>◇15日◇男子団体

 28年ぶりの金メダルが見えた! 男子体操で、昨年の世界選手権団体銅メダルの日本は、強豪の米国、中国を抑え、予選をトップで通過した。今大会代表最年少の中野大輔(21=九州共立大)が、3種目で種目別決勝に残る高得点をたたき出して引っ張った。冨田洋之(23=セントラルスポーツ)米田功(26=徳州会)も安定した演技で、72年ミュンヘン大会以来の予選トップに貢献した。個人総合、種目別決勝進出者も決まった。

 代表6番目の男が、大舞台で最高の演技を見せた。代表選考会で最後に滑り込んだ中野が、出場した4種目中、3種目で平均9・725点をマークした。「試合前は緊張したが、五輪だから力が出たのかも」。大舞台になればなるほど燃える男が、日本を首位発進に導いた。

 圧巻だったのは、最も得意とする平行棒だ。まったくミスのない演技を徹底した。最後は後方屈伸2回宙返り下りをピタリと決めた。切り札でスーパーE難度の月面宙返りを封印する余裕。それでも、種目別トップの9・8点をたたき出した。

 5月の代表選考会では個人総合7位。種目別のポイント加算で、ようやく代表6枠入りを果たした。7月の国内最終合宿ではミスが続出。団体決勝を想定した試技で平行棒9・4点、床では8・350点で演技した4人の最下位に終わった。加納監督からは「(中野で)本番の団体決勝は終わった」と厳しい言葉を浴びせられた。しかし「しょうがない。必ず本番の予選で見返して、団体決勝に残る」と天性の明るさで乗り切った。

 体操は好きだけど、体操競技は嫌いと公言する。中野にとっては体操は遊びの延長だ。点数で判断される競技は肌に合わない。派手好きで、リスクの高いスーパーE難度に挑戦するのも、それが理由だ。「自分だけの技を追求するのが最高。体操は楽しいもの」。イチかバチかの挑戦が、中野の真骨頂でもある。

 若い力だけではない。全員が得意種目で実力を発揮した。ミスも出たが、それを補って乗り切った。中野、水鳥の若さが引っ張り、中堅の冨田、米田、鹿島がまとめ上げ、ベテランの塚原が締める。力強く団結した「体操ニッポン」が、復活ののろしを上げた。

[2004/8/16/09:34 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。