アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

室伏プラハ、野口ドイツで調整

 複数のメダル獲得が期待される陸上日本チームは大会後半の競技日程に合わせて順次、アテネ入りする。各選手は思い思いの場所で開会式当日を迎えた。

 男子ハンマー投げの室伏広治(ミズノ)は11日に日本を離れ、プラハで最後の調整に励む。父の重信コーチ、女子ハンマー投げ代表で妹の由佳(ミズノ)も行動は一緒。「心強い」と話す環境で、金メダルへの態勢を築く。

 男子100メートルで日本選手として72年ぶりの決勝進出を狙う末続慎吾(ミズノ)は徐々に口数も減り、緊張感を漂わせ始めた。14日昼すぎに日本を出発。フランクフルトで直前の合宿に入る。

 女子マラソンの3選手は欧州でその日を迎えた。昨年の世界選手権2位の野口みずき(グローバリー)は高地合宿先のサンモリッツ(スイス)を離れ、暑さ対策も兼ねた最終調整先のフランクフルトに滞在中。中国・昆明での合宿を終えた土佐礼子(三井住友海上)もこの日からフランクフルトで時差調整の合宿に入った。米国で走り込んでいた坂本直子(天満屋)もウィーンで最後の準備に入っている。

[2004/8/15/07:22 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。