アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ
click here!


五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程へ


click here!

五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > ニュース

女子レスリング、滝で“金獲れ”

滝に打たれ、絶叫する左から浜口、伊調馨、吉田、伊調千春(撮影・栗山尚久)

 女子レスリング代表が滝修行で金メダルへの重圧に打ち勝つ。72キロ級浜口京子(26=キリンビバレッジ)らアテネ五輪代表4選手が3日、富山県上市町で午前中は陶芸、午後は滝に打たれて精神を鍛えた。100人以上の報道陣、居合わせた参拝客の前で、選手は「金メダル」と目標を何度も口にした。恐怖心、重圧が高まる中であえて注目されるユニークトレを導入。極限の状況に耐えて表彰台の頂点を目指す。

 「うわぁー」「ぎゃあー」。北アルプス、立山連峰のふもとに、世界女王たちの叫び声が響いた。富山・大岩山の日石寺にある六本滝。浜口ら金メダル候補4選手は6メートルの高さから流れる水に打たれた。歯を食いしばりながら「金メダル、金メダル」と唱えた。

 午前中は近くの窯元で陶芸をし、集中力を高めた。浜口はとっくりに五輪決勝の日付「8・23」。おちょこに日の丸を描いた。吉田は皿に「絶対勝つ 金メダル」と書いた。浜口は「気持ちの整理ができた。金メダルだけを考える。ここまできたら気持ちです」と、全員の思いを代弁した。

 日本協会の福田富昭会長は「本番が近づけば、恐怖心が出てくる。ここまで来たら精神力。やる気、挑戦心でプレッシャーをはねのけるしかない」と話した。この日、4人の金メダル候補は100人以上の報道陣と10台以上のカメラに追われた。そんな中、4選手は何度も何度も「金メダル」という言葉を口にした。ユニークトレには、注目されることで、金メダルの重圧を克服する狙いが隠されている。滝に打たれた選手の頭の中には、もう「金メダル」しかない。【田口潤】

[2004/7/4/09:59 紙面から]

写真=滝に打たれ、絶叫する左から浜口、伊調馨、吉田、伊調千春(撮影・栗山尚久)

 最新ニュース 記事バックナンバー 
前のページへ戻る このページの先頭へ
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。