アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ
click here!


五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程へ


click here!

五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > ニュース

マルコス独り舞台!日本快勝/男子バレー

第1セット、相手ブロックをかわし力強いアタックを決める杉山マルコス

<バレーボール:アテネ五輪男子世界最終予選>◇初日◇22日◇東京体育館

 日本の秘密兵器がベールを脱いだ。昨年9月に日本国籍を取得した杉山マルコス(30=堺)が代表の公式戦デビューを白星で飾った。日本は、杉山がスパイクなどで11得点と活躍し、世界30位のアルジェリアに3−0で勝ち、92年バルセロナ五輪以来3大会ぶりの五輪出場に向け、幸先のいいスタートを切った。アジア最強の韓国が中国に敗れる波乱があった。

 鮮烈なデビューだった。豪快なスパイクからジャンピングサーブ。ミスも出たが、杉山は滑り出しから4ポイント連続で得点に絡むワンマンショーで「夢が現実になった。初めて1万人の観客の前でプレーでき、素晴らしかった」と、日本を勢いに乗せた。

 4月の親善試合、日米対抗に出場した。しかし、五輪が懸かった公式戦のプレッシャーは違った。日の丸を背負う重みを味わい「君が代を聞いた時は、泣きそうになった」と感動した。「日本を絶対に五輪に連れて行く」。心に強く誓った。

 昨年9月に日本国籍を取得した。しかし、代表入りには「当該国で2年以上在住すること」という国際連盟の規定が壁になった。豊田博専務理事が奔走し、特例として日本代表入りが認められた。「家族に連絡したら泣いて喜んだ」。この日、父カルロスさんと妹アルメイダさんを招待し、デビュー戦勝利をプレゼントした。

 田中幹保監督も「よくチームになじみ、予想以上の活躍だった」と、今後に手応えをつかんだ。今日23日には、最初の関門である中国戦が待つ。「日本は負けないよ」。ブラジル生まれの救世主が、日本を夢の五輪に導く。【吉松忠弘】

[2004/5/23/10:19 紙面から]

写真=第1セット、相手ブロックをかわし力強いアタックを決める杉山マルコス

 最新ニュース 記事バックナンバー 
前のページへ戻る このページの先頭へ
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。