アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
   nikkansports.com > ATHENS2004 

日本、史上最高の健闘!メダル最多37個獲得

アテネ五輪閉会式での1シーン
アテネ五輪閉会式での1シーン

 アテネ五輪で、史上最多となる513人の選手団を送り込んだ日本は、各競技で大躍進を遂げ、史上最多37個のメダル(金16、銀9、銅12)を手にした。柔道、レスリングなど女子格闘技でのゴールドラッシュ、競泳、体操などお家芸の復活。メダルをめぐるる涙と笑顔のドラマが、猛暑の日本列島に熱い風を吹き込んだ。

 「お家芸復活」。大会中に何度も繰り返された言葉だ。象徴的だったのは体操男子団体の金メダル獲得。ジュニア指導から見直し、体操界が一丸となって復活を目指して奮闘した結果、76年モントリオール大会以来の団体優勝を勝ち取った。レスリングは88年ソウル大会以来の複数メダルで伝統を守った。

 また、女子の活躍が日本のメダル量産に貢献。今大会から採用されたレスリングでは、金2、銀1、銅1と4階級すべてでメダル奪取し、シンクロでは、デュエットとチームでそれぞれ銀メダルを手にした。ソフトボールは金こそ逃したが、銅メダルを獲得した。

 20年ぶりのメダル獲得となったアーチェリー山本の銀。伏見・長塚・井上が出場した自転車男子チームスプリントの銀、男子レスリング13大会連続メダルを決めた田南部と井上の銅なども、日本のメダルラッシュに大きく貢献した。

 108年ぶりに五輪発祥の地で行われた戦いは、幕を閉じた。だが早くも、4年後の北京五輪に向けて、新たな戦いが始まっている。


MLBにプロ野球、Jリーグから海外サッカーまで!携帯電話でチェック/朝日・日刊スポーツ
動画ニュースを続々配信!最新ニュースを携帯でチェック!朝日モバイルステーション

 サッカー 記事バックナンバー 
 野球 記事バックナンバー 
 競泳 記事バックナンバー 
 陸上 記事バックナンバー 
 柔道 記事バックナンバー 
 他競技  
 関連ニュース  
 紙面から  
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。