アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
サッカータイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > サッカー > ニュース 


敗戦に選手の家族らため息/男子サッカー

 日本のサポーターにとっては、心臓に悪い展開だった。入れられてため息、入れて絶叫の繰り返し。12日夜(日本時間13日未明)、サッカー男子日本代表の初戦は、スタンドのため息で終わった。

 青いユニホーム姿が目立つ競技場。終盤、大久保嘉人選手(22)のシュートで1点差となってからは日本が次々とゴールに襲いかかる。スタンドは絶叫の連続となった。

 田中マルクス闘莉王選手(23)の父で日系2世のパウロさん(51)。プロになった息子の晴れ舞台を見るため、ブラジルから駆けつけた。立ったり座ったりして激しい応援をしていたが、試合終了の笛が鳴ると、眼鏡を外してタオルで目をぬぐった。

 サッカー好きらしく「4点中3点は日本のミスだ」と分析、最後には「それでも点差を縮めることができた。チームみんなにおめでとうを贈りたい」と話した。

 闘莉王選手は「父の前で頑張りを見せたかった。前半はリズムが悪かったが、後半は日本のリズムでやれた。次のゲームにつなげたい」と気を引き締めた。

 前半、小野伸二選手(24)がPKで同点ゴールを決めた瞬間、母親の栄子さん(59)は両手で控えめにガッツポーズをし、ほっとした表情をみせた。しかし、立て続けに点を奪われると、ひと言「疲れました」。

 何度もゴールを破られたディフェンス陣だが、那須大亮選手(22)は「チームに迷惑を掛けたが、ミスは誰にでもあるので下を向いていても仕方ない。イタリア戦でミスを帳消しにするパフォーマンスを見せたい」と落ち込んだ様子を見せなかった。

 「ニッポン、ニッポン」と声援を送り続けた横浜市の会社員土屋伸二さん(24)は「負けたけど3点取れた。イタリア戦では絶対に先制点を取ってほしい」と言葉を振り絞った。(共同)

[2004/8/13/11:16]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。