アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > 神話の街から

神話の街から
バックナンバー 
2004年8月23日付紙面から

ハイテク五輪どう生かす

 遠く離れた日本とアテネが、電話線1本でつながる。パソコンにつなげば日本と同じ情報を入手できる。今や当然だが、考えてみれば不思議なものだ。

 野球代表が宿泊するアテネのホテル前には、報道陣が待機するためのテラスがある。時々、ダイエー和田がやってくる。日本にいるチームメートの戦いをチェックしたいという。

 ホームページを開こうとするが、携帯電話使用のため接続に時間がかかる。短気な私はイライラして何度もやり直す。その方が時間がかかるのは明白だが、和田を待たせていることが焦りを倍増させていた。悲しい気性である。何度かやり直すと和田が言った。

 「ボク、気が長いから少々待たされても平気ですよ。ゆっくりやってください」。この一言で待つ心境になれ、無事に接続できた。

 イタリア・パルマでの直前合宿中、横浜三浦からインターネットが接続できないと相談された。記者団が知識を集結するも、なかなかつながらない。無理と判断し「これはダメだな」と告げたが、三浦はあきらめない。情報を収集して1週間。初戦前日の14日にアテネのホテルで接続に成功させた。見事な粘りだった。

 アテネは五輪発祥の地である。トレーニングから競技、報道までハイテクになった五輪を、この街はどう見ているだろうか。しかし、勝負は人間であることに変わりない。大事なのは、人が機械をどう使うか。五輪を生んだ街が、そう感じ取ってくれたらと願う。【飯島智則】



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。