アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > 神話の街から

神話の街から
バックナンバー 
2004年8月14日付紙面から

 日本−パラグアイ戦を、3人はどんな思いで見ただろう。直前で五輪代表から漏れたFW高原直泰(ハンブルガーSV)MF鈴木啓太(浦和)GK林卓人(広島)だ。

 高原は肺動脈血栓塞栓(そくせん)症からの回復を目指したが、五輪参加にドクターストップがかかった。7月の石垣島合宿では、シャイな性格なのに年下の選手に声をかけていた。1週間たらずだったが確かに五輪代表の一員だった。高原不在を感じさせないことが今のFWの役割だ。

 鈴木は山本ジャパンの功労者だった。チームが注目されずに弱かったころ、ピッチに響いていたのはいつも彼の声だった。主将として精神的支柱だった。MF小野を尊敬し、誰より一緒にプレーしたいと願っていた。生き残りたい気持ちをストレートに表現した練習ぶりに、何度か感動させられた。

 林は補欠登録としてチームに帯同している。だが故障者が出ない限り、出場の可能性はゼロ。選手登録されず、チームメートが移動の際に着る公式シャツではなく、1人だけ黒のスーツ。ホテルの階も彼だけ違う。最終予選6試合を守り抜いた男の思いは複雑だ。<

 高原の件はともかく、プロは実力の社会。感傷主義は彼らに失礼だ。当然、残されたメンバーで、手を抜いてプレーしている者はいない。だが、この場にたどり着けなかった彼らは、善戦では納得できまい。結果で報いて欲しい。【佐々木一郎】



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。