アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > Dr,平石貴久のアテネを診る

Dr,平石貴久のアテネを診る
バックナンバー 
2004年8月22日付紙面から

メダルの源は“餅入りバター雑炊”

 日本が金メダルラッシュを見せている。要因は数多くあるだろうが、これを忘れてはならない。食事。「最後の1秒、最後の1センチは何を食べてきたかで決まる」という名言を残したのは、32年前のミュンヘン五輪、米国陸上コーチと記憶している。以来、スポーツと食事は、記録や勝負の面でとても大切な要素となった。体づくりの段階でもそうだが、試合前に何をどう食べるかが重要だ。

 野球や陸上など瞬発力中心の種目では、糖質中心で試合の4時間前に食べるのが原則。糖質が食べてから何時間ぐらいでエネルギーになるかは、英国医師の研究による「グリセミック指数G.I.」で計れる。GIが85以上と高い食品は、その日のうちにエネルギーに変わる。フランスパン、食パン、レーズンパン、ポテトやコーン、ショ糖などである。一番のお勧めメニューはコーンポタージュと、バター、はちみつをたっぷり塗ったトースト。さらに、サッカーや野球など体がぶつかり合うスポーツは、動物性脂肪としてウインナソーセージやハムエッグなども加えた方がいい。戦う姿勢、負けない強い意志を保つためだ。

 以前は、パスタやバナナを食べたが、これらはGIが70〜75と低い。食べても翌々日にならないとエネルギーに変わらない。おにぎり、うどんは2日かかるし、牛乳やヨーグルトは3日以上。ただし、力うどんでおもちを食べると約2時間後には力を発揮する。これを知る巨人清原さんは、試合直前に奥さまの手づくりおもちを磯辺焼きで2、3個食べている。日本マラソンチームもスタート4時間前に小さく切ったおもちが5、6個入ったバター味の雑炊を食べる。

 スポーツだけでなく、ふだんの仕事や受験、病後の回復にもGIは役立つ。試合前の食卓から、勝負は始まっているのだ。

平石貴久(ひらいし・たかひさ)1950年11月4日、鹿児島県生まれ。東京・六本木「平石クリニック」院長。専門は内科、スポーツ医学など。サッカー、野球、陸上、ゴルフ、格闘技など多岐に渡る種目で選手、チームの健康管理を担う。



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。