アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > 後藤新弥のDAYS'

後藤新弥のDAYS'
バックナンバー 
2004年08月26日更新

北京への戦闘開始

<野球、サッカーの野性味を回復しよう>

 プロ野球が五輪でなんとか3位に食い込んだ。準決勝で豪州ごときに? 負けたのはなんとも悔しい限りだが、そういえばサッカーも男女が敗退。ボール・ゲームの団体戦は、成果を上げることができなかった。

 女子バレーボールは、大会前から柳本監督の続投が決まっており、アテネ入りする前から次の北京大会への戦闘は開始されている。

今大会とその準備段階での問題点は明白で、監督も「何をするべきか」がはっきりと分かっているだろう。後は、日本協会がそれをどうサポートし、あるいはしないかにかかっている。今回のような「五輪出場権」で大騒ぎするようなまねを繰り返したら、北京でも大失敗するに違いない。

 

 野球が豪州に負けたのは、野球ファンに言わせると「あれは選手じゃない、監督だ」という見方が強い。

 けれど、それだけではないはずだ。

 阪神で投げている「ふつうの投手」ウィリアムスが、あれほど大きく見えたのは、なぜだろう。

 日本のプロ野球は、知らず知らずのうちに「2リーグ制のペナント・レース野球」という枠の中にこじんまりと収まってしまったのではないだろうか。

 バントがあってもいい、けれどその対極の「プロらしい大技、荒技」も発揮されなくてはならないのに、あまりにも月並みで、「あっと驚く」ようなカリスマ性のあるプレーが少なすぎた。

 言い方を替えれば、粘りや計算と言った緻(ち)密な部分でも、プロらしさ があまり見られなかった気がする。淡泊だった。

 1対1の勝負が軽視され、「お前もやるな、おれもやらない」という世の中の風潮を反映するかのような野球は、それだけでは魅力がない。そういう手堅い「勝つための計算」「長期戦を生き抜く野球」だけでなく、その場その場、1球ごとの勝負の魅力を尊重する野球こそ、プロが目指すべきものではないだろうか。

 あるいは、今回日本が背負っていた野球大使JAPANの使命ではないだろうか。

 米国がそっぽを向いた今大会では、五輪に対して「野球はこんなにも面白い」をアピールする責任者は、日本しかいなかった。その役割を果たせただろうか。

 次の北京に向けて、根底から見直したスタートを切って欲しいと言えばかっこがつくが、北京では野球は行われないかもしれない。そういう瀬戸際の時代に、日本は野球大使の任務をどのぐらい全うしたか。

 そのことは、日本の野球が実は「プロの醍醐味(だいごみ)の薄い、淡白なものになりつつある==>だから観客が減り==>1リーグ制移行の問題が発生した」という現象と、決して無関係ではない。

 

 サッカーにも、おそらく同様の問題を指摘する人は多いだろう。

 サッカーは、俯瞰して4バックだ、3バックだ、と、選手の動きをマーカーで追うだけのスポーツではない。それは解説者の仕事だ。しかし、ともすれば選手たちまでもが「1対1」のせっぱ詰まった状況下で爆発する野性のプレー(奇跡のプレー)の可能性よりも、指揮者の目線に合致したプレーを追い求める現象が、顕著になりつつあるのかもしれない。

 1対1だけのスポーツではないが、1対1で発揮される本能のプレーこそが、サッカーの根源的な魅力なのだと、多くの欧州選手が認めている。

 野球同様、日本選手にそういう能力が欠けているということではない。みな持っている。けれど、それを存分に発揮させる環境が未成熟だというだけだ。あるいはどちらかといえばその自由な能力発揮を抑制するような側面が、環境にあるということだ。

 (なぜ個人競技でこれほど金メダルを獲得したのかが、その証拠ともいえる)

 世の中自体が、今はそうなのかもしれない。中間層が勝手に条件をつけ、勝手に宇宙を狭くした上で理屈を述べ、自分の正当性を主張すれば、いくらでもその場の説得力は出る。そのまやかしを上に立つ者が見抜けないと、環境は狭くなり、窮屈になり、外からも内からも「つまらない」「おもしろみがない」という陰の声が出始める。その声が、トップに届かない。トップは、用意された、枠を狭くした窓からしか、外が見えなくなる。

 

 そこに、観客減の背景が出来上がる。

 北京五輪への秒読みは、もう始まっている。

 今大会不振だったチーム・スポーツ(球技)の反省点は、実は今の日本のスポーツ事情(あるいは社会事情)とも、密接な関係がある。

 野球界、サッカー界だけの問題とは思えない。それぞれの世界だけは、反撃できない。これは、日本の問題なのだ。

 それにしても、くさらずに野球が銅メダルを獲得したのは、別の意味で立派だった。松坂の闘魂、サッカー大久保のゴール前の直感力。見る者を惹き付けた。そのような個性を、もっと全域で発揮させることが、日本の次の目標ではないだろうか。

 結果は自ずとついてくるはずだ。

著者の言葉
 ご愛読に感謝申し上げます。すべてにご返信ができないため、整理の都合上、nikkansports.comの本欄、マスター及び筆者個人アドレスでは、コラム内容に関するご感想などのEメールは、現在すべて受付を中止しております。お詫び申し上げます。下記にご郵送ください。
 また、他ページ、フォーラムなどへの転載は、引用を含めて、お断りします。ご協力に感謝いたします。
 【郵送宛先】 郵便番号104・8055 日刊スポーツ新聞社 編集局 後藤新弥

著者プロフィル
 後藤新弥(ごとう・しんや) 日刊スポーツ編集委員、58歳。ICU卒。記者時代は海外スポーツなどを担当。CS放送・朝日ニュースターでは「日刊ワイド・後藤新弥のスポーツ・online」(土曜深夜1時5分から1時間。日曜日の朝7時5分から再放送)なども。
 本紙連載コラム「DAYS’」でミズノ・スポーツライター賞受賞。趣味はシー・カヤック、100メートル走など。なお、次ページにプロフィル詳細を掲載しました。
【 詳細プロフィルへ

前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。