アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
陸上タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 陸上 > 女子マラソン速報 

マラソンコース図を見る
(別ウィンドウが開きます)

野口やった!金メダル!土佐5位、坂本は7位/女子マラソン

女子マラソンで優勝し、万歳してゴールする野口みずき=共同

<女子マラソン>◇22日

 野口みずき(26=グローバリー)が2時間26分20秒で優勝した。前回シドニー五輪の高橋尚子(32)に続き、日本勢が2大会連続で金メダルを獲得した。野口は27キロ過ぎでスパートをかけ、そのまま2位以下に大差をつけて独走。終盤疲れ、2位との差は縮められたが、最後まで首位を明渡すことなく、1位でゴールした。2位は2時間26分32秒をマークしたヌデレバ(ケニア)。3位に2時間27分20秒のカスター(米国)が入った。土佐礼子(28=三井住友海上)は2時間28分44秒で5位、坂本直子(23=天満屋)は2時間31分43秒で7位入賞を果たした。世界記録保持者のラドクリフは36キロ付近で棄権した。

 野口の話「走る前に、監督から25キロ過ぎでスパートしろと言われていた。(終盤でヌデレバに迫られたが)誰が追いかけてきているのかは分からなかった。(フィニッシュで観客の歓声を聞いて)本当に幸せです(涙声で)。頑張ってきてよかった」

 土佐の話「スタジアムに帰ってきたときには、『ああ、オリンピックなんだな』と感じた。終わってしまえばここまで早かったなという感じだし、ホッとした」

 坂本の話「勝負所と思っていた25キロ過ぎで離されてきつかった。走るからにはメダルを取りたかったが、メダルは4年後にお預けにしておきます」

(写真=女子マラソンで優勝し、万歳してゴールする野口みずき=共同)


 ゴール 
1位:野口みずき(日本) タイム=2時間26分20秒
野口みずき 1位
2時間26分20秒
土佐礼子 5位
2時間28分44秒
坂本直子 7位
2時間31分43
 2位との差は縮められたが、野口がトップで競技場に入ってくる。表情も和らぎ、観客の声援にこたえてガッツポーズをする余裕も。トップを維持してトラックを走る。2時間26分20秒で優勝。2位ヌデレバに11秒差。カスターが3位、4位にアレム。土佐は2時間28分44秒で5位、坂本が2時間31分43秒の7位でゴールした。
 40キロ 
1位:野口みずき(日本) 通過タイム=2時間19分
野口みずき 1番手
土佐礼子 5番手
坂本直子 7番手
 35キロ過ぎでアレムがラドクリフを抜き3位に浮上。36キロ付近でラドクリフは一度レースを止め苦しい表情。ラドクリフは数十メートル走ったが、棄権する。37・7キロ付近でトップの野口は2番手ヌデレバとの差を18秒に縮められる。38キロ過ぎで野口とヌデレバとの差は15秒。ますます詰まり、野口は苦しい表情に。気力の走りで野口は40キロをトップで通過。2番手ヌデレバは13秒遅れで通過。
 35キロ 
1位:野口みずき(日本) 通過タイム=2時間2分5秒
野口みずき 1番手
土佐礼子 5番手
坂本直子 8番手
 野口の独走は続く。32キロ過ぎでラドクリフがヌデレバを捕らえ2番手に順位を上げる。大きく遅れて土佐は5番手、野口から2分以上遅れて坂本が7番手。33キロ付近で再びヌデレバがラドクリフを抜き去り2番手に上昇。34キロ過ぎでも野口がトップをキープ。しかし、2番手ヌデレバとの差が30秒に程度に縮まる。35キロも野口がトップ。28秒遅れでヌデレバ、1分遅れでラドクリフ、約2分遅れの5番手で土佐。坂本は8番手。
 30キロ 
1位:野口みずき(日本) 通過タイム=1時間45分0秒
野口みずき 1番手
土佐礼子 5番手
坂本直子 7番手
 25・5キロ付近で野口がスパートを仕掛け、アレムが追走する。26・5キロ付近で集団がばらける。50メートル遅れてヌデレバとラドクリフ、さらに50メートル遅れて土佐、坂本はさらに50メートル後方におかれる。27キロ過ぎで差が開く。野口とアレムがトップを並走。ヌデレバが100メートルほど遅れ、さらに後方にラドクリフ。50メートルほど遅れて土佐、さらに遅れて坂本。27・6キロ付近の給水地点で野口がスパート。一気にアレムを置き去りにする。28キロ過ぎで、野口は独走態勢。15秒差以上の大差をつける。29キロ過ぎでも野口の独走は続く。2番手はアレム、ラドクリフは3番手。大きく遅れて土佐は5番手。坂本は7番手に。
 25キロ 
1位:野口みずき(日本) 通過タイム=1時間28分5秒
野口みずき 1番手
土佐礼子 4番手
坂本直子 6番手
 21キロ付近でオラルが嘔吐し脱落。トップ集団は9人。中間点の通過順位はトップが野口、2番手にラドクリフ、3番手アレム、4番手土佐、5番手に坂本。23キロをラドクリフがトップで通過。先頭集団がばらけ7人に。日本の3選手は上位6番手内をキープ。走りに乱れもなく、しっかりついていく。24キロ付近の緩やかな上り坂で集団は7人に絞られる。上り坂が多くこの間の5キロのペースが18分台に落ちる。
 20キロ 
1位:        通過タイム=1時間9分57秒
野口みずき 集団の上位
土佐礼子 集団の上位
集団の上位 集団の上位
 16キロ付近のきつい上り坂で、ラドクリフが首位を奪回。坂本が順位を上げ3、4番手に。土佐が2番手、野口も上位をキープ。先頭集団は横に開き、トップから後方までの距離が縮まる。17キロ付近の下り坂で野口がトップのラドクリフに並びかける。土佐は4番手で安定した走り。坂本が7番手に下がる。18キロ付近で再び集団が横に広がる。先頭のラドクリフ、土佐、野口の差はほとんどなく並走。坂本も集団にしっかりついていく。先頭集団は10人のまま19キロを通過。20キロは野口が先頭で通過。
 15キロ 
1位:野口みずき(日本) 通過タイム=52分10秒
野口みずき 1番手
土佐礼子 3番手
坂本直子 6番手
 11キロ付近、先頭集団をラドクリフが安定した走りで引っ張る。12キロ付近で野口、土佐が前に出て、それぞれ2番手、3番手に順位を上げる。少し遅れて坂本。日本の3選手に疲れた様子はない。13キロ付近の緩やかな上り坂で、先頭集団は10人に。トップはラドクリフ。2番手に土佐、野口は3、4番手争い。坂本は7〜9番手争い。15キロ手前の急な上り坂、野口が給水のためにスパートをかけラドクリフを抜いてトップに。ラドクリフと土佐が並んで5キロを通過。
 10キロ 
1位:ラドクリフ(英国) 通過タイム=34分25秒
野口みずき 4番手
土佐礼子 6番手
坂本直子 7番手
 6キロを20分33秒で通過。6・3キロ付近でペースが若干上がり、集団がばらける。日本の3選手は先頭集団の前方をキープ。8キロ付近の先頭集団は10人前後に絞り込まれる。ラドクリフが集団を引っ張り、野口は4番手。やや遅れて土佐と坂本が続く。9キロ付近でも形成は変わらず、ラドクリフがトップ。野口が4番手、土佐6番手、坂本7番手と続く。10キロ地点の先頭集団は13人。上位にはエチオピア、ケニアの有力選手がひしめく。
 キロ 
1位:       通過タイム=17分9秒
野口みずき 集団の前方
土佐礼子 集団の前方
坂本直子 集団の前方
 最初の1キロは3分28秒で通過。ゆったりしたペース。飛び出す選手もなく、大集団を形成。日本の3選手は先頭集団の前半をキープ。2キロ目もほぼ同ペースの6分58秒で通過。徐々に集団が縦に伸びる。3〜4キロ間は3分20秒台。日本の3選手は30人の集団の前方をの好位置をキープ。先頭集団のトップが5キロを17分9秒で通過。

前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。