アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
陸上タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 陸上 > ニュース 


投てき一家、アテネできずな新たに

 陸上ハンマー投げの「室伏ファミリー」の暑くて短い夏が終わった。23日の女子ハンマー投げ予選で、決勝進出を逃した室伏由佳(27)が観客席で見守った父と兄にすっきりした表情で手を振った。

 父の重信コーチ(58)は試合後「65メートルを超えたのは良かった。まあまあじゃないか」。普段のいかめしい表情を少しだけ緩め、娘の試合を喜ぶ父の顔を見せた。スタンドから声援を送った兄広治(29)は「自己ベストには届かなかったが、最初の五輪でよくやった」と妹を気遣った。

 初めて由佳が世界大会の代表となった今大会は、日本を旅立つときからずっと3人一緒だった。11日からプラハで合宿し、17日にアテネ入りして調整を続けた。投てき種目は日本代表の選手数が少ない。気心知れた家族3人で遠征できたことは互い支えとなり、励みにもなった。

 「貴重な体験。これからこういう形で(来年の)世界選手権につなげたい」と広治は言う。3人で、力を合わせて世界の頂点を目指す挑戦はこれからも続く。

[2004/8/23/20:07]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。