アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
陸上タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 陸上 > ニュース 


末続100M予選で強豪と同組

 アテネ五輪陸上男子100メートル1次予選(21日)のスタートリストが20日、発表された。日本勢として72年ぶりの決勝進出を狙う末続慎吾(24=ミズノ)は1組の4レーンに入った。5レーンにベテランのフランク・フレデリクス(ナミビア)、昨年の世界選手権3位のダレン・キャンベル(英国)が7レーン、3レーンは9秒97の自己記録を持つウチェンナ・エメドル(ナイジェリア)がおり、激戦が予想される。

 朝原宣治(大阪ガス)は6組。土江寛裕(富士通)は5組となった。前回優勝のモーリス・グリーン(米国)は8組に入った。

 1次予選は10組あり、各組3着までと、各組4位以下のタイム上位10人までが同日の2次予選に進む。

[2004/8/20/23:37]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。