アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 女子レスリング速報 

試合速報

 女子レスリング

浜口、悔しさ乗り越え銅メダル/レスリング女子72キロ級

 レスリング女子72キロ級の浜口京子(26=ジャパンビバレッジ)が3位決定戦でサエンコ(ウクライナ)に4−0の判定で勝ち、銅メダルを決めた。この勝利で、日本は女子レスリングの全階級でのメダル獲得となった。準決勝敗退の際はショックを隠しきれない表情だったが、気持ちを見事に切り替えた。
 決勝は王旭(中国)がマニウロワ(ロシア)を判定で下し、金メダルを獲得した。


レスリング・フリースタイル女子72キロ級3位決定戦
○浜口京子
日本
判定(4−0)
サエンコ●
ウクライナ
 浜口が最後まで攻める姿勢を崩さずに快勝した。開始33秒でバックを取り先制ポイント。1分51秒にもバックを取って2点目。2分28秒にはタックルを決めて1点。残り10秒でもバックを取って第1ピリオドで4−0とリードした。
 第2ピリオドは相手も攻撃的になったが、浜口はそれを上回る気合で応戦。ポイントこそなかったが、試合の流れを渡さずに快勝した。
レスリング・フリースタイル女子72キロ級準決勝
●浜口京子
日本
判定(4−6)
王旭○
中国
 浜口は開始15秒でバックを取られ1ポイント先制を許し、42秒には返されて2失点で0−3と大きくリードされる苦しい展開。しかし1分20秒にバックを取ると、横崩しからローリングを決め3−3の同点に追いつき第1ピリオドを終えた。
 第2ピリオドは52秒に相手へのパッシブからパーテールポジションで攻めたが返すことができず。逆に残り1分5秒にパーテールポジションから防御で返されて失点。再び3ポイントさを追い、バックを取って1ポイントを返したが後が続かず、悔しい判定負けとなった。
レスリング・フリースタイル女子72キロ級1次リーグD第2戦
○浜口京子
日本
テクニカルフォール
5分17秒
ズラテバ●
ブルガリア
 浜口が確実にポイントを積み重ねて、テクニカルフォール勝ちした。開始40秒でバックを取り1ポイントを先行。1分30秒すぎには足を取ってフォールを狙いに行き、相手を逃がしたものの3ポイントを追加。さらにポイントを入れ、5−0で第1ピリオドを終えた。第2ピリオドも大技こそ出なかったが、確実に1ポイントずつを積み重ね、相手に1ポイントも与えないまま10点差をつけた。
レスリング・フリースタイル女子72キロ級1次リーグD第1戦
○浜口京子
日本
判定(8−4)
トッカラ・モンゴメリ ●
米国
 浜口は開始10秒、タックルからバック、さらにローリングでモンゴメリから3点を先制。さにら首投げにきたモンゴメリから2点を奪う。モンゴメリも2分50秒と2分59秒にバックを取り2点を返し、第1ピリオド終了。
 第2ピリオドも浜口が3分15秒と40秒にバック奪取で2点を挙げると、モンゴメリが4分30秒、5分にそれぞれ1点を返す。終了間際の5分45秒に浜口がタックルからバックを奪い1点を追加し8−4としたところで、試合が終了し浜口が判定勝ちした。

前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。