アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ


カラダ公式サポーター AQUARIUS
五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

2五輪柔道ページへ"

五輪日程&結果へ



  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
競泳タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 競泳 > ニュース 


日本男子リレー有終銅メダル/競泳

<競泳>◇21日◇男子400メートルメドレーリレー

 日本(森田、北島、山本、奥村)が、今五輪の競泳最終種目で3分35秒22の日本新をマークし、銅メダルを獲得した。金メダルは3分30秒68の世界新を記録した米国。2位はドイツだった。

 背泳ぎの森田智己(19=セントラルスポーツ)が勢いよく飛び出し、上位をキープ。日本のエース、平泳ぎ2冠の北島康介(21=東京SC)が続き、バタフライの山本貴司(26=近大職員)が2位で最終泳者につなぐと、自由形奥村幸大選手(21=近大)が最後に力強くゴールした。

第1泳者・森田(背泳ぎ)「10代最後にいい泳ぎをしたかったのでよかった」

第2泳者・北島(平泳ぎ)「トップで帰ってくる役割は果たせなかったが、チームの頑張りがあった」

第3泳者・山本(バタフライ)「リレーは(自分以外に)3人がいるので安心して泳ぐことができた。全体ミーティングでリレーは国と国の勝負という話が出たが、国のチーム力を争う中で日本のチーム力が生んだ結果です」

第4泳者・奥村(自由形)「人生最大のプレッシャーでしたが、マイナスにしないでいい方向に変えられたのでメダルを取れた。チョーうれしいです」

[2004/8/22/05:09]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。