アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ


カラダ公式サポーター AQUARIUS
五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

2五輪柔道ページへ"

五輪日程&結果へ



  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
競泳タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 競泳 > ニュース 


森田が鮮やか銅、康介に続いた/競泳

競泳男子100M背で銅メダルを獲得した森田智己(共同)

<競泳>◇16日

 男子100メートル背泳ぎで、森田智己(19=セントラルスポーツ)が銅メダルを獲得した。全体3位で決勝に進出。大一番は前半セーブして後半勝負。ラストで猛然と追い上げ、自身の持つ日本記録を0秒04短縮する54秒36の日本新記録で3位に入った。4位のクレーゼルバーグとの差はわずかに0秒02だった。

 「ラスト10メートルが勝負と(鈴木コーチに)言われていたので、焦らず、最後の最後にかけた。鈴木先生の作戦通りだった。まだタイムは速くないので、もっと速くなって『康ちゃん(平泳ぎの北島)だけじゃない』というのを見せたい」と、流れる涙を手でぬぐいながら話していた。

 男子チーム最年少の19歳、169センチの小柄な選手が、初の五輪で今大会、日本に競泳で2つめのメダルをもたらした。

 なお、優勝は54秒06のアーロン・ピアソル(米国)、2位はマルクス・ローガン(豪州)だった。

[2004/8/17/02:25]

写真=競泳男子100M背で銅メダルを獲得した森田智己(共同)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。