アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

暴漢乱入!1位走者妨害/男子マラソン

コース途中のアクシデントにもめげずリマは3位でゴールする(撮影・宇治久裕)

<アテネ五輪:男子マラソン>◇29日

 大会の最後を飾る男子マラソンで、前代未聞の乱入事件が起きた。トップを走っていたバンデレイ・リマ(35=ブラジル)が35キロ地点をすぎて、飛び出してきた暴漢に襲われて沿道に倒された。レースに復帰したが、後続のバルディニ(イタリア)ケフレジギ(米国)に追い抜かれた。国際大会では例のない暴挙は、マラソン発祥の地ギリシャで開催された五輪に大きな汚点を残してしまった。イタリアのステファノ・バルディニが2時間10分55秒で優勝。

 信じられない光景だった。世界中が暴挙に驚いた。2位以下に20秒以上の差をつけて独走態勢を築いていたリマが襲われた。35キロすぎに、左の沿道からギリシャの民族衣装を着た男がコースに飛び出してきた。リマに体当たりすると、そのまま右の沿道に押し込んでしまった。

 慌てて警備員が駆け寄る。コース脇のボランティアの顔が凍り付く。リマは観衆の中に倒れ、しばらく動けない。やっと立ち上がってレースに復帰したが、顔は苦痛にゆがみ、信じられないように両手を天に向けて首を振った。右足を押さえながら懸命に走っても、スピードは上がらなかった。その間にバルディニ、ケフレジギが後続から迫る。その差はあっという間に縮まり、38キロ地点で一気に追い抜かれてしまった。

 それでもリマは足を止めなかった。最後まで歯を食いしばりパナシナイコ競技場へ走った。3位を守って会場へ飛び込むと、最後の直線では飛行機ポーズで、衝撃に沈むスタンドの観衆を盛り上げた。

 国際舞台では前代未聞の乱入事件が、マラソン発祥の地ギリシャで開催された五輪で起きてしまった。それも大会の最後を飾るレースでの暴挙。リマの力走がなければ、マラソンの競技自体を台無しにするところだった。ギリシャ側は、大会開催中、警備に最大の注意を払っていただけにショックは隠せなかった。暴漢の男はギリシャ警察に逮捕された。

[2004/8/30/09:27 紙面から]

写真=コース途中のアクシデントにもめげずリマは3位でゴールする(撮影・宇治久裕)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。