アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

マイルリレー2大会ぶり予選突破/陸上

<アテネ五輪陸上:男子1600メートルリレー>◇27日◇予選

 1600メートルリレー(山口、小坂田、伊藤、佐藤)は3分2秒71で1組2位と健闘し、2大会ぶりに予選を突破した。

 すさまじい追い込みだった。アンカー佐藤が、ゴール前で、スッっと進路を外側に変えた。オーストラリア、ジャマイカをまとめて抜き、倒れ込むようにフィニッシュ。胸差でドイツまでかわし、1次予選1組で2位に食い込んだ。400メートルに続き、1600メートルリレーでも日本が決勝に進出した。

 走り終えた3人は、祈るようにアンカー佐藤の走りを見つめていた。ゴール直後、大逆転に興奮した小坂田が、抱きついてきた。もんどり打ってトラックに倒れ込む2人。「なかなか激しかったです。頭をぶつけちゃいました」と佐藤。ど派手に喜ぶ日本の周辺だけが、別世界のようだった。

 4人のうち、山口、小坂田、佐藤の3人が個人種目の400メートルに出場したが、いずれも1次予選落ち。ふがいない思いを、各選手がこのリレーにぶつけた。1走の山口は「(個人で)結果がでなかったので、リレーだけは頑張りたかった」。ここでも意地が結果を生んだ。

 シドニー五輪は、決勝に進めなかった。小坂田がほかの国の走者と接触し、バトンを落とした苦い思い出がある。あの時のメンバーでただ1人残って、雪辱を期して走った小坂田は、しっかりと、確実にバトンを渡した。400メートルリレーに比べれば派手さはないが、熱いハートでは負けるわけにはいかなかった。

[2004/8/29/09:23 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。