アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

サムライ娘あっぱれ銀!/シンクロ

見事な演技を繰り広げる日本チーム(撮影・野上伸悟)

<アテネ五輪:シンクロナイズドスイミング>◇27日◇チーム・決勝フリールーティン

 日本の水の妖精たちが、2大会連続銀メダルを獲得した。チーム予選テクニカルルーティン(TR)で2位につけた日本は、決勝フリールーティン(FR)で「武士道」をテーマにした勢いのある演技を披露。予選首位のロシアを逆転することはできなかったが、五輪種目として採用された84年ロサンゼルス大会から実施された全11種目でメダル獲得を果たした。ロシアがシドニー大会に続く連覇を飾った。

 激しい太鼓の音に乗り、8人は水面を舞った。夕闇迫るプールに響く刀の触れ合う音に合わせ、16本の脚が小刻みに動く。リフトの高さも十分、演技もスピード感抜群だった。プログラムのテーマは武士道。最後まであきらめることはなかった。「サムライinアテネ」の曲に乗り「ラストサムライ」になって全力を振り絞った。手足がしびれても、呼吸が苦しくても、必死に動きを合わせ、水から出れば笑顔をつくった。プールから上がった8人の表情には、力を出し切った満足感が漂っていた。

 前日のTRではロシアに0・500点の大差の2位に終わった。初披露の阿波おどりでも、インパクトは与えられなかった。水の中で、8人が側転を繰り返す「人間風車8連発」も今ひとつだった。選手にいつもの切れはなく、会心の演技からは程遠かった。TRで勝負をかけて逃げ切る作戦は、もろくも崩れた。

 井村雅代ヘッドコーチ(54)は演技後の選手を一喝した。「今日と同じ演技をしたらあかん。できるものは全部出さんと、このままでは終われんよ。今までやってきたことを信じて捨て身でいけば、見違えるような演技ができる」。選手たちは、井村ヘッドの言葉を胸に秘めて水中で舞った。

 1日12時間以上も水中にいた合宿。「帰れ」「足が汚い。あんたはアザラシか」。コーチから人格を否定されるほど、罵倒(ばとう)された。選手たちは、夢のためにかけた日々を思い出して、力に変えた。

 今回のチームの最大の課題も吹き飛ばした。立花、武田のベテランと、若手選手の実力差。井村ヘッドは「シドニー大会前は、だめな子は1人か2人。今は日替わりで順番に出てくる」と話した。「2人との差を言われるのが1番つらかった」と米田。若手選手は、2人を目標に、その差を埋めるべく努力を続けた。

 目標の金メダルは手にできなかった。ロシアの壁は厚かった。しかし、この日の銀メダルはシドニー後、4年間の努力の積み重ねの結果。そしてまた、4年後への努力が始まる。今大会限りで、長く日本を引っ張ってきた立花、武田が引退する。若手メンバーも数人が辞める。悲願の金メダルへ、日本の北京への新たな戦いは、すぐに始まる。

[2004/8/28/09:33 紙面から]

写真=見事な演技を繰り広げる日本チーム(撮影・野上伸悟)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。