アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

米田、堂々の銅メダル/男子体操

銅メダルを獲得した米田ガッツポーズ(撮影・鹿野芳博)

<アテネ五輪:体操>◇23日◇男女種目別決勝

 鉄棒で米田功(27=徳洲会)が9・787点で銅メダルを獲得した。天才がやっと個人メダルをつかんだ。体操競技の最終種目の鉄棒。最初の競技者・米田が、離れ技のコバチをしっかりと決める。最後の見せ場は伸身の新ムーンサルト。着地もほぼ成功した。「練習でやってきたことが本番で出せた」。久々の笑顔を見せた。

 得意の鉄棒での大失敗を引きずっていた。個人総合でまさかの落下。11位とメダル争いにはまったく絡めなかった。団体金の喜びは吹っ飛び、その後2日間は練習にも身が入らなかった。だが、3日目、米田は気分転換にエーゲ海に行った。古代ギリシャのアクロポリスも下から眺めた。くよくよした心が晴れ、前向きな気持ちになれた。

 小学校時代から天才といわれてきたが、4年前のシドニー大会では代表から漏れた。「練習をしないのに、試合でできるのがかっこいい」という天才のプライドは、その後も捨てきれなかった。昨年世界選手権も補欠。目の前で3歳下の鹿島の2冠を見せつけられた。「悔しい。アテネでは絶対に」とマック体操クラブ(大阪)時代の恩師城間晃氏に誓った。

 目の色を変えて1年。アテネでは団体金と鉄棒銅の2個のメダルを獲得した。「北京までにもっと強くなる。自信がある」。努力する天才に勝るものはない。

[2004/8/25/08:55 紙面から]

写真=銅メダルを獲得した米田ガッツポーズ(撮影・鹿野芳博)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。