アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

為末の肩に侍タトゥー/陸上

<アテネ五輪:陸上>◇23日◇男子400メートル障害予選

 01年世界陸上(エドモントン)銅メダルの為末大(26=APF)が、4年前の借りを返した。男子400メートル障害1次予選3組に登場し、48秒80の3位で準決勝進出。後半は流す余裕の展開だった。前回シドニー五輪で9台目のハードルから4年。自身を「侍ハードラー」と呼ぶ男がまずは好スタートした。

 右肩に「侍」のタトゥーがあった。高ぶりすぎず、冷静に気合を入れた表れだ。8台目まで先頭を走り、最後は流して3着。「予定タイムとドンピシャ。調子はいいですね」。01年世界陸上で表彰台に立った男が「僕にとって、初めて1次予選突破ですから」と妙に強調した。4年前のシドニー五輪。9台目のハードルで転倒し、まさかの予選敗退を喫した。悔し涙が止まらなかった。悪夢から4年後のこの日。そんな不安はおくびにも出さなかった。前半のハードル間は13歩、5台目から14、終盤の15歩へと切り替えもスムーズだった。

 昨年10月、所属していた大阪ガスを退社し、プロ宣言をした。「環境に恵まれすぎていた。ハングリーさに欠けていた」と振り返る。今春からスポンサー契約し、APFとも志願の単年契約だった。欧州遠征もコーチを付けず、1人で転戦した。まさに侍。だからこそ見えるものがある。五輪を前にした外国勢の動向を肌で感じ、予選からの戦略を生かしている。「体の状態はエドモントンの時よりもいい」。アテネの空気は気持ちよかった。【牧野真治】

[2004/8/25/08:54 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。