アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

立花組「格付け」され2位/シンクロ

<アテネ五輪:シンクロナイズドスイミング>◇23日◇デュエット予選前半テクニカルルーティン

 立花美哉(29=井村シンクロク)武田美保組(27=同)は49・000点で2位でスタートを切った。シドニー五輪銀の2人は、49・417点でトップに立ったアナスタシア・ダビドワ、アナスタシア・エルマコワ組(ロシア)に大きく差をつけられた。

 「すごく緊張しました」。立花は重要さを十分認識していた。TRの点数は決勝に持ち越される。井村ヘッドコーチは教え子を「グッドスイム」と笑顔で迎えたが、ロシアに大差。優勝ロシア、2位日本だった昨年の世界選手権(バルセロナ)と、順位も点差もまったく同じ。審判員の意識の中で、既に「格付け」が固まっていることをうかがわせる。

 もどかしさは残ったが井村ヘッドコーチは、逆転への手応えはつかんだ。1人の審判員が日本に高得点の9・9を出した。フリールーティンのテーマは、苦心の末に改良を重ねた「ジャパニーズドール(日本人形)」だ。「明日(24日)は演技がゴロっと変わって、はじけられると思う」。武田が気持ちを切り替えていた。

[2004/8/25/08:52 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。