アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

米国3発、豪州倒しV3!/ソフト

<アテネ五輪ソフトボール:米国5−1豪州>◇23日◇決勝戦◇ヘリニコソフトボール場

 王者米国が五輪3連覇を達成した。ソフトボール決勝(ヘリニコソフトボール場)で5−1とオーストラリアに圧勝し、アトランタ、シドニーに続き3大会連続で金メダルを獲得した。

 初回の攻防で試合は決まった。米国の先発フェルナンデスの闘志あふれるピッチングの前に、オーストラリアは1死一、二塁の好機を生かせない。対照的に米国の重量打線はこの日も爆発した。最後まで日本打線を苦しめたオーストラリアの先発ハーディングを、いとも簡単に打ち崩す。1死一塁からバストスが中堅越えに、大会4号となる先制2ラン。さらに連打。5安打で3点を奪った。3回にはバストスが2打席連続の5号ソロを左翼場外へ。「素晴らしい勝利を挙げたチームを誇りに思う」と興奮を隠さない。ヌーブマンも右翼へソロを放ってとどめを刺した。

 米国は1次リーグから決勝トーナメントを通じて9戦全勝。失点はこの日の1点だけだ。シドニー大会では1次リーグで3連敗を喫して4位通過と苦しんだ。だが、アテネの米国は、最初から最後まで貫録を見せつけて王座を守った。それだけにうれしさは格別。勝利の瞬間には全員がマウンドになだれ込み、抱き合い、折り重なって喜んだ。

[2004/8/24/09:52 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。