アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

伊調姉妹Wメダル確実/女子レスリング

<アテネ五輪:女子レスリング1次リーグ>◇22日

 女子48キロ級の伊調千春(22=中京女大)は、過去3戦3勝と相性のいい初戦のベリズル(カナダ)をTフォールで下して硬さがほぐれた。2分すぎに3点を先取。その後は細かくポイントを重ねて完封した。続くワーグナー(ドイツ)には残り2秒でフォール勝ち。「千春、頑張れって、お母さんの声が聞こえた。1試合目は緊張したけれど、一気に調子に乗れた」と表情を和ませた。準決勝に向けての課題も見えた。「今日は70点。もっと左右の動きを入れないといけない。明日は楽に勝てない。接戦になる」と気を引き締めた。

 63キロ級では初の大舞台で、伊調馨(20=中京女大)が順調なスタートを切った。初戦のゴロフチェンコには、開始15秒で両足タックルから3点を先制すると、その後も確実にポイントを積み重ね、開始5分10秒で余裕のTフォール勝ち。2戦目のカルタホワには苦しんだが、6−2の判定勝ちで接戦をモノにした。「ひやひやした。体が起きてない感じだった」。苦笑いの伊調馨だが、安定感は抜群。48キロ級で姉千春が先に準決勝進出を決めていただけに、どうしても負けられなかった。目標の姉妹での金メダルに向け、視界は良好だ。

[2004/8/23/08:53 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。