アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

京子金まであと2勝だ/女子レスリング

強敵モンゴメリを担ぎ上げポイントを奪う浜口(撮影・宇治久裕)

<アテネ五輪:女子レスリング72キロ級1次リーグ>◇22日

 五輪初採用の女子レスリングで全階級制覇を目指す日本4人娘が、そろって1次リーグを突破した。女子72キロ級の浜口京子(26=ジャパンビバレッジ)は初戦でライバルのトッカラ・モンゴメリ(米国)に判定勝ち。2戦2勝で準決勝へ進出した。55キロ級の大本命、吉田沙保里(中京女大)らも順調に勝ち上がって4強入り。23日は4階級完全制覇で日本の金メダルラッシュを加速させる。

 観客席で父のアニマル浜口氏がほえていた。柔道男子100キロ級でメダルを逃した日本選手団主将の井上康生も応援に駆けつけた。会場に響き渡る大声援の中、気合十分の浜口が初戦でいきなりスパーク。ライバルのモンゴメリに対して開始10秒、鋭いタックルからバックを取り、ローリングを決めて一気に3−0とした。さらに、強引な首投げにきた相手を崩して加点。その後も終始リードを奪って、8−4で退けた。

 「五輪の金メダル1個の重さは、世界選手権の100個ぐらいに相当する」。待ち望んだ大舞台を前に、浜口は五輪の価値をそう表現した。97年の世界選手権初Vから女子最重量級を5度制した女王にとっても、五輪は別格だ。01年に女子レスリングの五輪採用が決まった時、うれし涙を流して金メダルを誓った。

 周囲は最強軍団、女子レスリングの顔として金メダルを期待する。浜口は「生きてきた中で一番輝かなければならないとき。悔いなく過ごしたい」と重圧をはねのけて本番に臨んだ。試合前、激励してくれた井上の気持ちも察した。以前から親交が深く、今回は選手団の主将と旗手。「康生さんが負けてびっくりした。その分、私が何とかしないと」。昨年のW杯で黒星を喫したモンゴメリをしっかり退け、2戦目のズラテバ戦はテクニカル(T)フォール勝ちで勢いを増した。

 予選を終えて「余裕なんてない。今も緊張しているくらい。ただ冷静ではいる。コーチの声も応援もよく聞こえる」と話した。97年世界選手権で初優勝した時は父に肩車してもらった。「五輪で優勝したら、今度は私がお父さんを肩車してあげる」。二人三脚でレスラー人生を歩んできた父と約束した金メダルを手にするまで、あと2勝だ。

[2004/8/23/09:08 紙面から]

写真=強敵モンゴメリを担ぎ上げポイントを奪う浜口(撮影・宇治久裕)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。