アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

野口逃げ切り金!日本連覇/女子マラソン

左手で1番を示しゴールする金メダルを獲得した野口(撮影・宇治久裕)

<アテネ五輪:女子マラソン>◇22日午後6時(日本時間23日午前0時)◇マラトン発、パナシナイコ競技場着42・195キロ◇天候晴れ、気温35度、湿度31%、北の風1・1メートル(スタート時)◇出場49カ国82人

 女子マラソンで、野口みずき(26=グローバリー)が悲願の金メダルを獲得した。27キロ付近で先頭集団から抜け出すと、30キロ過ぎから完全に独走。昨年の世界選手権覇者ヌデレバ(ケニア)に追い上げられたが、2時間26分20秒で優勝した。日本女子では前回シドニー大会の高橋尚子(スカイネットアジア航空)に続く金メダルを獲得。同じ国の連覇は女子マラソンでは史上初の快挙となった。五輪発祥の地で、野口が伝説の最強ランナーになった。

 歴史の香り高きパナシナイコ競技場に、ニッポンの野口が飛び込んできた。後続はヌデレバがいた。猛追を受けた。しかし、金メダルへのビクトリーロードは譲らない。日の丸の旗が大きく揺れた。五輪発祥の舞台。野口が笑顔でゴールテープを切った。ついに金メダルをつかんだ。

 現地時間午後6時に号砲は鳴らされた。日本のお家芸・女子マラソンは最近3大会で、92、96年と有森裕子が銀、銅、00年には高橋尚子が金メダルで表彰台に上がった。アテネでは3人娘の中で誰の笑顔が咲くのか。前回優勝の高橋でさえ選考会で落選する日本の選手層。気温35度と厳しい条件だが、今回の3人娘への期待は高かった。

 序盤は世界記録保持者ラドクリフが引っ張った。昨年4月のロンドンで2時間15分25秒の世界最高記録を樹立。その優勝候補をぴったりマークしたのが野口だった。昨年8月の世界選手権銀メダリスト。5月の中国・昆明の高地合宿では1350キロを走り抜いた。「流れに乗ってスパートしたい」。お守りをパンツに縫い付けて追走した。

 10キロ地点でラドクリフを先頭に、野口は4番、土佐が6番、坂本が7番手で通過。15人で形成した先頭集団だった。その中で静かに燃える土佐がいた。松山大陸上部時代の2年先輩で、NTT西日本大阪陸上部で活躍していた村井啓一さんとは、結婚を前提に交際する両親公認の恋人。02年ロンドンで当時日本歴代3位を記録後、右足首の負傷で悩んだ。彼がいなければ、五輪出場はなかった。「粘りのレースがしたい」。アスリートとして、1人の女性として夢に向かって走った。

 中間地点では8人による先頭集団だった。1時間14分02秒とペースは速くはない。記録より順位。トップは土佐だが、野口、ラドクリフもいた。32キロまで続く上り坂に、坂本も十分対応した。起伏の激しいコースを考え、事前に米コロラド州で「肺が破裂しそうな、最高の練習をしてきた」。日本の3人娘は表彰台圏内。昨年の東京で高橋に勝ったアレム、世界選手権覇者ヌデレバ、今年のロンドンを制したオカヨもいた。

 レースは27キロ付近で急展開した。沿道で家族が見守る中、野口が飛び出した。両親の視線が勇気を与えてくれた。2番手のアレムも追う。しかし、3番手ラドクリフ以下は約50メートルも離された。30キロ過ぎにはアレムに29秒差もつけた。夕日を正面から受け、野口が金メダルへと独走態勢に入った。

 35キロ過ぎにはラドクリフが戦線離脱。前回大会で高橋が日本人初の金メダルを獲得した。その同じVロードを、今度はアテネで野口が突っ走る。37キロ地点でサングラスを頭に上げて視界を広げた。その表情は世界最強マラソンランナーのものだった。

[2004/8/23/09:08 紙面から]

写真=左手で1番を示しゴールする金メダルを獲得した野口(撮影・宇治久裕)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。