アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

末続まさか…2次予選で敗退/陸上

男子100メートル2次予選、10秒19で1組5着に終わった末続は、肩を落として引き揚げる(撮影・宇治久裕)

<アテネ五輪陸上:男子100メートル2次予選>◇21日

 日本男子短距離のエースが、まさかの落選−。末続慎吾(24=ミズノ)が、準決勝進出を逃した。2次予選1組で10秒19の5着に終わり落選。1次予選では10秒27の1組3位で通過し、体力を温存して臨んだが序盤から出遅れた。

 末続の走りができなかった。2次予選。スタートから遅れた。独特の低い姿勢が保てなかった。中盤からも加速できない。9秒93で駆け抜けた1位オビクウェルに数メートル遅れて5番目にゴールに飛び込んだ。ロマンを求めた挑戦はあっけなく終わった。

 「悔しいですけど、この気持ちを忘れずに次に生かしたい。スタートは決まったといえば決まったけど、負けは負け。(気持ちを)切り替えたい」。レース直後、末続は言った。表情はすっきりしていた。素直に現実を受け止めていた。

 1次予選は後半を軽く流して突破した。だが50メートル付近で左太ももに違和感が走った。「危ねぇ。足がつっちゃうかと思いましたよ。朝イチで筋肉がビックリしたんでしょう」。本人は笑って話したが、直前の富士吉田合宿(山梨)での追い込み練習の疲労が抜けきっていなかった。

 昨年の世界選手権200メートルで銅メダルを獲得。日本人初の快挙に日本中が沸いた。だが、その夜に高野コーチと「五輪は100に挑戦する」と決めた。「黒人選手の中に1人いる日本人を見たい」。子供のころからの夢を選んだ。スタートも前傾姿勢に改良した。だが時間が短すぎた。

 200メートルにもエントリーはしている。しかし、同種目の直後にメダル獲得の可能性を秘める400メートルリレーがあるため、出場は微妙な状況だ。五輪100メートル決勝進出の夢の実現は、4年後の北京大会に持ち越された。

[2004/8/22/08:52 紙面から]

写真=男子100メートル2次予選、10秒19で1組5着に終わった末続は、肩を落として引き揚げる(撮影・宇治久裕)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。