アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

五輪史上初、上野が完全試合!/ソフト

<アテネ五輪ソフトボール:日本2−0中国>◇20日

 土壇場でエースが大記録を打ち立てた。ソフトボールの日本が上野由岐子(22=日立&ルネサス高崎)の五輪史上初となる完全試合で2−0と中国を破り、3大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。負ければ1次リーグ敗退となる危機に、9奪三振の快投でチームを救った。1次リーグを3位通過した日本は、ページシステムの準決勝(22日)で中国と再戦する。

 中国21人目の打者を仕留めると、上野の顔にようやく笑みが広がった。02年世界選手権に続き、またも中国相手に完全試合。「重圧を、負けられないという強い気持ちに変えた」と上野。辛口で知られる宇津木監督も「今日は上野に感謝したい」とエースをほめた。

 世界最速117キロのスピードばかりが注目されるが、緻密(ちみつ)さもある。「試合が始まると、その日の主審の特徴を確かめながら投げるようにしています」。序盤はチェンジアップを有効に使うなど状況に応じた投球で、中国打線の勝利への意欲を断ち切った。

 福岡・九州女高2年で出場した99年世界ジュニア選手権で三振の山を築き優勝に導いた。日本の将来を背負って立つ逸材と注目されたが、体育の授業中に腰を骨折。翌年のシドニー五輪は参加できなかった。だからこそ、このアテネにかけている。中国相手の完全試合は3度目。中1日空けての22日の準決勝中国戦で、再び上野がマウンドに立つ可能性もある。日本悲願の金メダルは、真っ黒に日焼けしたエースの右腕にかかっている。

[2004/8/22/08:42 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。