アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

塚田金!120キロごろんと逆転/女子柔道

金メダルを手に笑顔を見せる塚田(撮影・宇治久裕)

<アテネ五輪柔道:女子78キロ超級>◇20日

 女子78キロ超級は塚田真希(22=綜合警備保障)が決勝を制した。鮮やかな逆転勝ちだった。ベルトランとの決勝。背負い落としで技ありを奪われ、抑え込まれた。終わった、はずだった。だが、いなした際に塚田の体の上をゴロンと相手が転がった。誰かが押してくれたかのようだった。「パニックになったけど、絶対に離すもんかと思った」。歯を食いしばり、120キロの体で起死回生の後ろけさ固めを決めた。豪快なだけでなく、実は寝技は得意。土壇場で練習が生きた。

 表彰台の真ん中で、涙と汗にまみれた丸い顔が笑うとさらに丸まった。いつも応援してくれた父浩さん(享年47)はいないが、3カ月前に奮起を誓った墓前へ最高の報告ができる。「うれしくて言葉にできない。準決勝で(ライバルの)孫福明が負け、追い風が吹いていると思った。勝てるではなく、勝つという気持ちで臨んだ」。気迫で奪った胸元の金メダルがさらに笑顔を輝かせた。

 初戦のマローンは開始21秒、小外刈りで1本勝ち。3回戦プロコフィエワは得意の体落としから、横四方固めで仕留めた。準決勝もドングザシビリに合わせ技で1本勝ちと、4戦圧勝。東海大の先輩井上が、前日にまさかの敗退。ショックを乗り越え、自分の柔道に集中した。

 高校時代はいつも試合会場に来てくれた父浩さんが病死したのは、東海大3年だった2年前の暮れ。周囲が心配するほど落ち込んでいたころ、井上からメールが届いた。「柔道で頑張ることがお父さんにとって一番うれしいんじゃないか」。やはり母を病気で失った井上に励まされた。「このメールは今も携帯電話に保存してあります」。

 さらに日本をたつ前には土浦日大高の後輩から手紙を受け取った。「自信とは自分を信じること。どうしても先輩に言っておきたかった」。若い子がメールではなく直筆であてた文章に感動した。「自信を忘れずいきたい」。この日は自信の塊と化し、強気に前へ前へと圧力をかけた。

 一昨年の全日本女子選抜で初優勝してから、国内で78キロ超級のトップの座を守り続けるエースが、女子最重量級では日本初の金メダルをもたらした。「柔道という競技が終わるので、最後に(金が取れて)良かった」。天国でハラハラしていた父も涙を流して、喜んでいるはずだ。

[2004/8/21/09:26 紙面から]

写真=金メダルを手に笑顔を見せる塚田(撮影・宇治久裕)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。