アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

重量挙げギリシャ選手「銅」剥奪か

 アテネ五輪で重量挙げが続けざまのスキャンダルに見舞われた。男子62キロ級3位のレオニダス・サバニス(ギリシャ)がドーピング検査で陽性反応を示したと、アテネ通信が20日、報じた。Bサンプルも陽性なら違反が確定し、今大会のメダル剥奪第1号になる。

 19日には、競技前の薬物検査で5人が陽性反応を示して資格停止になったと、国際重量挙げ連盟(IWF)が発表したばかりだった。IWFは加えて、インド女子選手の利尿剤使用が発覚したとも明かした。今大会の重量挙げ選手による薬物使用発覚は、これで8人になった。

 IWFは年間予算の約3割をドーピング対策に投じている。不正一掃を目指すことで競技の威厳を守ろうとする態度を、IOCも「連盟の努力を称賛する」と評価する。一方で、00年シドニー五輪でも筋肉増強剤使用で複数選手が摘発されており、組織的な薬物使用は後を絶たない。

 さらにこの日、男子重量挙げのズアキ(モロッコ)が選手村に戻っていないことが分かった。1人はドーピング違反、もう1人は失踪(しっそう)という事態に、モロッコのウザン・コーチは「もしかしたら彼は不法滞在者になったのかもしれない」とあきれ顔。1896年の第1回大会から実施されている伝統競技が、揺れに揺れている。

[2004/8/21/09:21 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。