アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

和田、カナダ止める!予選1位へ正念場

 日本代表は今日20日、4戦全勝の首位カナダと対戦する。ダイエーの左腕和田毅投手(23)を先発に指名し、左打者8人の相手打線に対抗する。同僚の城島健司捕手(28)はオーストラリアに敗れた直後の18日夜、カナダとギリシャの試合を偵察し、データをインプット。長嶋監督のメッセージも届き、敗戦ショックは払しょくした。予選1位通過をかけた正念場の一戦を、日本一バッテリーで乗り切る。

 カナダとの決戦を控え、甘いマスクが戦闘態勢の色彩を帯びてきた。1次リーグ期間中、唯一試合のない19日。各選手とも休養に充てるなか、和田は、上原ら3投手とともにヘリニコの練習場で軽めの調整を行った。「大事な試合であることは間違いない。いかに内、外を使うか、ですね。1位通過は当然、狙っていきます」。左腕にかかる重圧をしっかり受け止めた。

 これ以上の負けは許されない。18日のオーストラリア戦でまさかの初黒星。今五輪は現在キューバ、カナダ、日本の3強の構図。4チームの決勝トーナメントは予選1位−4位、2位−3位が争う。1位で通過すれば、準決勝の戦いがグッと楽になる。逆に逃すと、苦しい戦いが続く。4戦全勝のカナダとの対戦はまさに正念場の一戦だ。

 この状況に、日本の“頭脳”が動いた。女房役の城島が、初黒星後に夕食も取らずに球場に舞い戻った。「カナダ−ギリシャ」「キューバ−台湾」の試合をネット裏から偵察した。宿舎に帰った時には、午後10時を過ぎていた。「(オーストラリア戦も)1度見ていたら、結果も変わっていたかもしれない。気になる選手もいたし、見てきて良かった」。打倒カナダへ、やるべきことはやった。

 さらに長嶋監督のメッセージがナインを鼓舞した。「一切、反省しないように。忘れてください。全員が真っ白な気持ちでグラウンドに立てるようにしてください」。短期決戦は気持ちの切り替えが重要。中畑ヘッドコーチは言った。「勇気を与えられる言葉。目の色を変えていく」。痛恨の黒星を金メダル獲得への糧にする。【田口真一郎】

[2004/8/20/09:21 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。