アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

初勝利も米ドリーム目覚めず/男子バスケ

<アテネ五輪男子バスケットボール:米国77−71ギリシャ>◇17日◇1次リーグ

 初戦黒星で権威失墜の男子バスケット米国代表が、1次リーグ2戦目でからくも初勝利を挙げた。相手は地元のギリシャ。会場の大ブーイングの中、初戦で右手親指を骨折したアレン・アイバーソン(29)がチーム最多17得点と活躍し、77−71で振り切った。だが、余裕なし、笑顔なし、華麗なプレーなしの試合展開には、かつて「ドリームチーム」と呼ばれた名声の面影もなし。世界ランク12位に一時は1点差まで詰め寄られての辛勝は、今後も厳しい戦いが続くことを予感させるに十分だった。

 悩みも尽きない。相変わらず入らないシュートは、この試合でも野投成功率わずか40%。3点シュートは21本中4本、32本あったフリースローに至っては19本しか入らない。平均身長の低さが致命傷になり、オフェンスリバウンドは取れず、第4クオーター途中にはセンターに入ったダンカンがファウルアウト。ギリシャの選手には「試合中は本気で勝てると何度も思った」と言われ、ブラウン監督までが「信じようが信じまいが勝手だが、シュートはいつか入るようになる」とヤケ気味に言い放った。

 さらに初戦でチーム2番目、この試合ではチーム最長出場時間の大黒柱アイバーソンが古傷の右手親指を骨折したことで、不安はさらに増幅する。もはや米国内ではドリームチームと呼ばれていない今回の米国代表。「最後の一瞬まで気が抜けなかった」。薄氷の勝利を振り返って言ったオドムの言葉は、アテネ五輪が終わるまで12人の男たちに重くのしかかり続ける。

[2004/8/19/08:34 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。