アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

杉山愛は8強だ/女子テニス

<テニス>◇17日◇女子シングルス2回戦

 日本テニス界のエースで世界13位の杉山愛(29=ワコール)が3回戦を突破した。女子シングルスで同18位のカロリナ・スプレム(19=クロアチア)に2−0でストレート勝ち。96年アトランタ大会での伊達公子に並ぶ五輪日本女子最高タイのベスト8進出を決めた。

 第1セットで試合が決まった。お互い譲らず6−6からタイブレークにもつれ込んだ。杉山はここから勝負強さを発揮した。チャンスを確実に決めて、8−6でタイブレークを勝ち取った。これでスプレムの緊張感が切れた。第2セットは一気に攻めに転じて6−1で圧勝した。

 世界ランクは杉山が上回るが19歳の新鋭には勢いがあった。今年のウィンブルドンでは2回戦であのビーナス・ウィリアムスを撃破して準々決勝に進出した難敵。五輪直前の唯一の直接対決はストレート負けを喫していた。しかし、大舞台で経験の差を見せつけた。

 前日17日にはシングルス2回戦とダブルス1回戦の2試合を消化。1日2勝を挙げていた。この日も数時間後にはダブルス2回戦が予定されている。「試合がタフな分だけ波に乗りやすい」と杉山。今日19日に五輪日本女子史上最高の準決勝進出を目指して、世界23位モリク(オーストラリア)戦に臨む。

[2004/8/19/08:32 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。