アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

亮子&野村「金」の瞬間、視聴率43・7%

 アテネ五輪序盤の視聴率が出そろい、柔道の女子48キロ級谷亮子(28)男子60キロ級野村忠宏(29)がともに金メダルを獲得した14日深夜のNHK生中継が最高の平均視聴率31・5%をマークしたことが16日、分かった。ビデオリサーチ(関東地区)の調べによると、谷のガッツポーズ後、野村が3連覇を決めた午後11時46分には、瞬間最高の43・7%を記録。最大で5000万人余り、日本国民約1億2800万人の半分近くが深夜の中継にかじりついていた計算になる。

 柔道男子66キロ級の内柴正人(26)が金メダルを射止めたシーンなどの15日夜の放送(NHK)は平均21・2%。北島康介(21)が頂点に立った競泳男子100メートル平泳ぎを含む16日未明の中継(TBS)は同10・0%。日本時間14日未明の開会式(NHK)は同12・7%だった。

 アテネとは6時間の時差があり、競技の生中継は深夜から未明に集中しているが、日本人のメダルラッシュで連日、その時間帯としては高い数字を記録。ビデオリサーチは「五輪番組は深夜帯で約10%も視聴率を押し上げている」と分析している。

[2004/8/17/09:39 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。