アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

男子400Mリレー、南アが世界新/競泳

<競泳>◇15日

 常勝米国とフェルプスの8冠を止めた! 競泳男子400メートルリレーで伏兵の南アフリカが、オーストラリアの持つ世界記録を0秒50縮める3分13秒17の世界新で優勝し、競泳男子に同国初の金メダルをもたらした。この種目で過去8大会中7大会を制していた米国は銅メダルに終わり、フェルプスの8冠は早々と夢と消えた。

 圧倒的な南アフリカの強さに、会場がどよめいた。先行逃げ切りの作戦が見事に的中。2位のオランダに1秒以上の大差をつけて圧勝した。最終泳者のニースリングは「ずっとこの瞬間を夢見ていたんだ」とゴールの瞬間、ガッツポーズで初の金メダルを喜んだ。

 第1泳者のスクーマンが絶好調だった。ただ1人、48秒台をマークする泳ぎで、最初の100メートルで2位に1秒近い差をつけた。「4年間の猛練習が報われた。本当にうれしい」。世界の舞台では、01年世界選手権50メートル自由形で銅メダルに輝いたのが最高。昨年の世界選手権100メートル自由形では50秒43の28位で予選落ちの屈辱を味わった。その悔しさを、この日の力泳で晴らした。

 最後はニースリングが、シドニー五輪100メートル金メダルのファンデンホーヘンバントに46秒79の驚異的なタイムで追い上げられた。しかし、貯金は大きく、そのまま逃げ切った。待ち望んだ栄光に、南アフリカの町も大騒ぎ。ヨハネスブルグの地元紙が1面で「五輪での黄金時代が来た」と初の金メダルをたたえた。

[2004/8/17/09:08 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。