アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

亮子、来年カイロ柔道世界選手権で引退か

 連覇を達成した柔道の谷亮子(26=トヨタ自動車)とV3の野村忠宏(29=ミキハウス)が優勝から一夜明けた15日、取材に応じて心境を語った。2人ともテレビ出演で選手村の宿舎に帰ったのは午前4時。ほとんど寝ていないが、柔道会場で元気にチームを応援した。谷は08年北京五輪出場を否定。引退を決めていた野村は、V4を狙う可能性をほのめかした。

 勝利の夜、谷はしみじみと余韻に浸った。「部屋に帰ってメダルを出してかみ締めた。ああ、金メダルを取れたんだなって」。左足首の故障を乗り越えただけに、喜びもひとしお。笑顔が絶えなかった。北京五輪については「次のことは考えていないですね。北京は32歳ですし」と08年前でのリタイアを口にした。柔道家であると同時に、野球選手の妻でもある。いつまでも夫と離ればなれの生活を続けるわけにはいかない。7連覇がかかる来年のカイロ世界選手権を区切りに、残りの現役生活で燃焼する。

 17日に行われる野球のキューバ−日本戦は、夫佳知の応援に駆け付ける予定だ。ナイターだから、柔道会場から移動しても間に合う。「行きたいですね。見る機会ないですから」。夫の声援を力に五輪連覇を果たした谷は、お返しに長嶋ジャパンにゴールドパワーを注入する。

 患部を完全に治すため、帰国後はしばらく休養にあてる。講演や撮影などでゆっくり休むことはできそうにないが、しっかり充電して来年の世界選手権に備える。

[2004/8/16/09:33 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。