アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

なでしこトップ通過もある!

 女子日本代表が、好条件を手にして万全の体勢で初の決勝トーナメントに臨む。3カ国による1次リーグE組2戦目(14日)では、ナイジェリアに0−1で惜敗。だが、F組3位を勝ち点で上回るため、8強入りは決定した。日程上の利点も生かして、悲願のメダル取りを狙う。

 ナイジェリア戦から一夜明けた15日、ギリシャ入りして初めて完全休養日にあてた。選手村で、20日の準々決勝へ向け、体調を整えた。E組1位通過は確定できなかったが、下を向く必要はない。スウェーデン−ナイジェリア戦(17日)の結果次第で1〜3位の可能性があり、ほかの組の成績で準々決勝の対戦相手が決定する。また、日本は3カ国による1次リーグを早い日程で消化した。同様の中国は敗退濃厚のため、上位8カ国の中で、日本は最も多い中5日の休養が取れる。

 ナイジェリア戦で、MF宮本ともみ(25=伊賀)が右太ももを8針縫う裂傷で途中交代したが、20日の準々決勝には間に合う見込み。試合後、松葉づえ姿で現れた宮本だが「(医師から)20日は多分間に合うと言われれた」と笑顔を見せた。初対決のアフリカ勢の身体能力の高さは感じたが、内容は悪くない。上田監督も「選手が一丸となって90分、プレーした」と評価した。強豪のドイツや米国と当たる可能性を残すが、必ずメダル取りへの道を切り開く。

[2004/8/16/09:33 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。