アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

メグカナに世界の壁/女子バレー

ベンチに退いた栗原(右)は祈りながら試合を見つめる。手前はブロックに入る大山(撮影・鹿野芳博)

<女子バレーボール>◇14日

 女子バレーボール日本代表が完敗した。世界ランク2位のブラジルの高さとパワーに苦しみ、ブロック成功率は6・7%。さらに初戦の緊張からか、攻守ともミスを連発。世界に通用する高さを持つ栗原、大山の20歳コンビも本来の力を出し切れなかった。フル出場ながら5得点に終わった大山は「思い切ってできなかった。レフトがもっと決めれば、いい試合ができた」とタオルで涙をぬぐった。

 竹下のサーブミスで始まった第1セットはいきなり5連続失点。リベロ成田もサーブレシーブでミス。得意の立体バレーをやる前に自滅した。1点差に迫るのがやっと。リードは1度もなかった。中村チームリーダーは「何か雰囲気がおかしかった」と振り返った。

 84年ロス大会の銅を最後に日本はメダルから遠ざかる。「必ずメダルを取る」という柳本監督の気持ちは揺るがない。キャリアとテクニックに優れる吉原らベテラン組と、パワーと高さを持つ栗原ら若手組を融合したチームは初戦で本領を発揮できなかったが、各セットとも点差はわずか。中盤以降は粘りも見せた。20年ぶりのメダル奪回へ、大山は「次はしっかり頑張る」と16日のイタリア戦へと気持ちを切り替えた。

[2004/8/15/11:00 紙面から]

写真=ベンチに退いた栗原(右)は祈りながら試合を見つめる。手前はブロックに入る大山(撮影・鹿野芳博)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。