アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

野村V3、アジア初だ/男子柔道

男子60キロ級で五輪3連覇を果たした野村は、ふてぶてしい表情でスタンドに向かってサムアップポーズ(撮影・宇治久裕)

<柔道>◇14日◇男子60キロ級

 天才が前人未到の3連覇を達成した。柔道男子60キロ級の決勝で野村忠宏(29=ミキハウス)がヘルギアニ(グルジア)を優勢で下し、3大会連続の金メダルを獲得した。3連覇は全競技を通じても、108年の歴史で21人目でアジアでは初となる。現役を退く決意で臨んだ大舞台で、また1つ大きな勲章を得た。

 小さな巨人が畳の上で大の字になった。クールな男が誇らしげに両手を広げた。前人未到の3連覇をかけた決勝。野村が圧力をかけヘルギアニを後退させ続けた。2度の指導が与えられ、優勢勝ちが決まった。15連勝無敗で五輪最後の試合を飾った。2回戦から連続1本勝ちで勝ち上がり、準決勝は23秒の秒殺で決勝にすべてをぶつけた。8月初めの合宿で右ろく軟骨を痛めたが、それを相手に悟らせずに勝った。

 「現役最後のつもり。もう1度頂点に立つ」と強い決意を胸に臨んだアテネで夢はかなった。「軽量級は最強にはなれない。勝ち続けることが強さの証明になる」。連覇の斉藤仁、サイゼンバッハ、ドイエは重量級。階級を超えた強さをアピールした。V3は108年の五輪の歴史で21人目の快挙。「背負いを中心にいい柔道だった。今自分にできる最高の柔道でした」。神話の国で、新たな神話を誕生させた。

 大切な2文字を胸に刻んで畳に上がっていた。「今回は感謝の気持ちを大事にしたい」と言っていた。道場を建てた祖父彦忠さん、柔道を教わった父基次さん、天理の師匠細川師範、ともにシドニーを戦った先輩の篠原監督。快挙は自分だけの力ではない。世話になった人たちのためにも負けられなかった。

 自ら「練習嫌い」を公言する。「昔から畳の上にいるのがしんどい。もしほかの大学に進んだらダメになっていたでしょうね」。強制を嫌い、短時間集中の性格を見極めた天理大の細川師範は、野村が大学2年の時、自己流調整法を認めた。「短時間でいいから集中しろ。ばてたら休んでいいと言われ、それから自分なりに仕上げられるようになった」。まだタイトルもない下級生の野村が古い慣習に縛られずにけいこできた効果は大きい。中学から育てられた天理の柔道にも感謝を忘れない。

 初優勝したアトランタは、無名で空港でカメラマンに突き飛ばされた。シドニーでは田村(現谷)亮子の金メダルに話題をさらわれた。アテネ開幕前も「まだ名前が忠宏が忠広になったり、所属先がダイコロになっていた」と苦笑したが、もう間違われることはない。今後は指導者の道を歩く方針。世界を震わせた必殺の背負いは、次代のメダリストに受け継がれて行く。

[2004/8/15/11:01 紙面から]

写真=男子60キロ級で五輪3連覇を果たした野村は、ふてぶてしい表情でスタンドに向かってサムアップポーズ(撮影・宇治久裕)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。