アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

宇津木日本ノーヒット負け/ソフトボール

佐藤由(中央)が投ゴロに倒れ日本は初戦に敗れる(撮影・鹿野芳博)

<ソフトボール>◇14日

 最後まで日本の快音は聞かれなかった。無安打負けの屈辱を逃れようと、最終回は岩渕、佐藤由がバントヒットを何度も試みたがすべて不発。佐藤由得意のスラップも相手に読まれて投ゴロに終わりゲームセット。「データを重視しすぎた。データ通りだったけど、少しの変化にも対応できなかった」と、宇津木監督は完敗に表情を固くした。

 攻守ともに実力差を露呈した。先発のエース上野は6番ティトキュームに完ぺきな当たりで逆転2ランをバックスクリーンに運ばれた。2回の第1打席でも左翼へクリーンヒットされており、自慢の快速球も通じなかった。「球は悪くなかったのに狙われたところに投げてしまった」。3回には自己最速タイ117キロをマークしたが、4回5安打で致命的な3点を失った。

 宇津木監督は「あまり言いたくないけどサインを盗まれた感じがあった。7月カナダ杯でも感じた。それをはね返すぐらいでないと駄目なんだけど」と、唇をかんだ。攻めても初回、先発ウィルキンズの5連続四球で奪った2点だけ。ヒット性の当たりも最終回の山路の中飛だけという貧打ぶりだった。

 金メダルを使命として挑む大会だった。フェンスまでの距離が6・1メートル拡張されると、宇津木監督は快足の外野手を集め、1分間に40本の速射砲ノックで鍛えた。ゴロ打ちをテーマとして打撃もレベルアップしたはずだった。それが無安打での屈辱からのスタートになってしまった。考える時間はない。今日16日、台湾戦が仕切り直しの一戦になる。

[2004/8/15/10:56 紙面から]

写真=佐藤由(中央)が投ゴロに倒れ日本は初戦に敗れる(撮影・鹿野芳博)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。