アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 紙面ニュース 

 紙面ニュース  

イタリア、日本戦に自信/男子サッカー

<アテネ五輪男子サッカー:イタリア2−2ガーナ>◇12日◇1次リーグB組◇ギリシャ・ボロス

 日本が1次リーグ2戦目で激突するイタリアは、ガーナと2−2で引き分けた。前半36分、ロスタイムといきなり2失点したが、後半4分にMFピンツィが追撃ゴール。後半38分にFWジラルディーノがU−23イタリア代表最多得点タイ記録となる通算16点目を決め、2点のビハインドから勝ち点1をもぎ取った。

 初戦での苦戦が、日本にはかえって怖い。欧州予選でも、初戦でベラルーシに1−2で敗れて目を覚まし一気に優勝した。イタリア国内ではスロースタートはむしろ吉兆ととらえられており、ジェンティーレ監督は「2点を返したことは重要なシグナル」と手応えをつかんでいた。

 チームは13日にボロスで練習した。ジェンティーレ監督は「日本は個人的に技術の高い選手がいるが、弱点はある」と気を引き締めた。日本−パラグアイ戦を視察した強化担当からリポートが提出され、ビデオでも分析済み。FWジラルディーノは「次は非常に重要な試合。五輪は波乱があるので注意したい」と言った。苦戦の末の勝ち点1で自信を深めたイタリアが、初戦黒星で追い込まれた日本の前に立ちはだかる。

[2004/8/14/11:19 紙面から]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。