アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
柔道タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 柔道 > ニュース 


野村、五輪柔道初の3連覇/男子60キロ級

男子60キロ級で3連覇を達成し、万歳して喜ぶ野村忠宏(共同)

<柔道>◇14日◇男子60キロ

 野村忠宏(29=ミキハウス)が決勝でケルギアン(グルジア)を下し、アトランタ、シドニー両大会に続き金メダルを獲得した。日本選手初となる個人種目での3連覇と、五輪史上初の柔道3連覇を達成するとともに、日本五輪史上100個目の金メダルとなった。

 勝利の瞬間、畳に寝転がったまま両手を突き上げた。決勝のケルギアン戦は、攻め続ける野村に圧倒された相手に指導が重なり、優勢勝ち。「今できる最高の柔道ができた」と満足そうに言った。

 五輪前から快挙達成を公言していた。「試合ができるコンディションさえ整えば、いつでも勝てる」。まさに有限実行。

 アテネ入りする直前、右の脇腹を痛めた。その影響で、得意の左背負い投げを使えなかった。だが、攻めの姿勢は貫き、初戦の2回戦から準決勝まですべて一本勝ちと、圧倒的な強さで勝ち進んだ。

 シドニー五輪後、現役引退も選択肢に入れつつ、米国留学など2年以上のブランクを経験している。それでも、あっさり五輪切符を手にした。天才の呼び名に実力と実績を残した。

 なお、3位決定戦ではツァガンバーダル(モンゴル)と敗者復活戦を勝ち上がった崔敏浩(韓国)が勝ち、銅メダルを獲得した。

[2004/8/15/02:31]

写真=男子60キロ級で3連覇を達成し、万歳して喜ぶ野村忠宏(共同)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。