アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
サッカータイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > サッカー > ニュース 


那須のミスが失点の引き金/男子サッカー

<アテネ五輪男子サッカー:パラグアイ4−3日本>◇12日◇1次リーグB組◇ギリシャ・テッサロニキ

 試合前日、那須は「取られても2点くらいになった。どことやっても自分たちのサッカーは通用する」と話した。そのキャプテンマークを腕に巻いた那須のミスが、山本監督が指揮を執ってからの2年間で最多となる4失点の引き金となった。

 前半5分、浮き球の落下点を見極め、余裕を持って対処しようと一瞬ちゅうちょ。そこをヒメネスに突っ込まれ、先制を許した。

 単純なミス。五輪の初戦ということで、慎重になりすぎてもいた。ただ、大会初戦での出足の悪さは、チームがずっと抱えてきた課題だ。

 一昨年のアジア大会と昨年5月の五輪アジア2次予選も、初戦は苦戦した。ことし3月、アジア最終予選の初戦でバーレーンと引き分けた時には、山本監督は「あいつらの方が何倍もスライディングしていたぞ」と叱咤(しった)した。チームはつまずきながらも、その度に壁を乗り越え、確実にたくましさを増してきた。

 今回はこれまでのような格下相手とは違い、五輪というハイレベルな舞台。実際、パラグアイは強かった。だが持っている力に差はない。ただし、日本はそれを出し切れなかった。

 この日も本領を発揮し始めたのは、2−4とされた後からだった。後半27分にポストを直撃した高松のヘディングシュートなど相手ゴールに迫った。36分には田中達の折り返しを大久保が右足で決め、初めて流れの中から得点を奪った。

 山本監督は「やれば出来るということは証明した。だからこそ前半が残念」と言った。イタリア、ガーナと強豪との対戦が続くだけに、この敗戦は痛い。(共同)

[2004/8/13/13:13]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。