アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
サッカータイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > サッカー > ニュース 


小野ら敗戦から手応え/男子サッカー

<アテネ五輪男子サッカー:パラグアイ4−3日本>◇12日◇1次リーグB組◇ギリシャ・テッサロニキ

 敗戦からも、手応えをつかんだ者はいる。PKを2本決めた小野、鮮やかなゴールを奪った大久保、1対1の勝負で相手を押さえ込んだ茂庭。3人のフル代表経験者が、大舞台で貫録を示した。

 オーバーエージ(24歳以上)枠で加わった小野は、このチームで初の公式戦。前半22分はゴール右隅へ、後半8分は左隅へと、いずれもGKの手が届かない絶妙なコースにけり込んだ。

 PKはずっと闘莉王が任されていた。だが7日に合宿地のドイツで行った練習試合でPKを得ると、闘莉王に頼んでキッカーを代わった。「オーバーエージとして見せないといけないものがあった」と言う。前回はけがで落選した五輪本番で、全幅の信頼を得てPKに臨み「GKをよく見てけった。外れるとは思わなかった」と振り返った。

 大久保は後半36分、田中達の右折り返しを受けると、DF2人をかわし、DFのまた下を抜くシュートを決めた。その後も最後までどん欲に追加点を狙った。試合後は「下を向いてはいない」と気持ちを切り替えた。

 ファウルで倒されてもすぐに跳ね起き、全力疾走でボールを追い掛けた茂庭も目立った。

 フル代表で培った自信は、五輪の大舞台でも揺るがなかった。2戦目以降も3人はけん引車となるはずだ。(共同)

[2004/8/13/12:56]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。