アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
五輪タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 他競技ニュース 

競輪3選手が大健闘、日本が銀/自転車

男子チームスプリントで銀メダルを獲得した日本チーム。左から伏見、井上、長塚の3選手(共同)

<自転車:男子チームスプリント>◇21日

 伏見俊昭(27)長塚智広(25)井上昌己(25)の競輪3選手で構成された日本が自転車競技史上、初の銀メダルを獲得した。

 決勝はドイツと対戦。第1走者の長塚は抜群のダッシュでわずかにリードを奪った。だが第2走者の伏見で逆転され、井上も逆転できず44秒246のタイムで、ドイツの43秒980に及ばなかった。

 それでも選手たちは喜びを口にする。井上は「(腰痛に苦しんだが)やるしかなかったので、ここまでやれて満足感はある」と爽やかな表情。伏見は「競輪は日本一決定戦だけど、五輪は世界一を決める舞台でものが違う。まさかメダルとは」と話し、長塚は「正直言ってこんな結果が出るとは誰も思っていなかった。きょうはスタートダッシュが決まった。五輪のメダルはお金にかえがたいものがある」と喜びを表現していた。

 日本は過去に84年ロサンゼルス大会で坂本勉がスプリントで、96年アトランタ大会で十文字貴信が1000メートル・タイムトライアルで銅メダルを獲得しているが、銀メダルは初めて。

[2004/8/22/01:32]

写真=男子チームスプリントで銀メダルを獲得した日本チーム。左から伏見、井上、長塚の3選手(共同)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム


前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。