アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > 神話の街から

神話の街から
バックナンバー 
2004年8月22日付紙面から

露出多い婦女子に…揺らぐギリシャ哲学

 大学時代からギリシャ哲学に興味があった。これまでの現地取材で自分なりにギリシャ人「哲学」を体感したが、その1つを「表面はとりあえず取り繕って、恥部は隠してしまう傾向」と結論付けた。

 表はピカピカのニケヤの重量挙げ会場は、裏側は廃材&ゴミの谷。アテネ中心部の廃虚団地は、当局が開幕直前に巨大垂れ幕で隠した。トイレの排水パイプが細いため、尻をふいた紙を流せないなんて、その最たるものである。最初から太いパイプにせい! とわめきたくもなる。

 でも、最近その結論が揺らぎ始めた。日本のキヨスクにあたる駅前や広場の売店「ペリープテロ」の一部で、女性の無修正ヌードが載ったわいせつ本を、堂々と表紙を並べて多数販売しているのだ。さらに男性ヌード本やアダルトビデオまで。例えばタイトルは…いや、あまりに下品な話になるのでやめておこう。

 さらに、街角のギャルの多くは通常隠す場所の「露出」が激しい。下着が透けまくっているズボンやスカートは当たり前だし、乳首が浮き出ている婦女子もやたら多い。なぜ競技会場周辺の恥部は隠して、こういった「恥部」は隠さんのか! 再びわめきたくなった。

 エーゲ海に浮かぶミコノス島のヌーディストビーチで「プラトニックラブ(精神的純愛)」の語源となった、古代ギリシャ哲学者プラトンの著作「饗宴(きょうえん)」(岩波文庫刊)でも読みつつ、ギリシャ人哲学の矛盾、そして奥深さをじっくり考えたい。【広部玄】



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。