アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > 神話の街から

神話の街から
バックナンバー 
2004年8月20日付紙面から

ギリシャの野球場は”ビックリ箱”

 白い凶弾に狙われた。17日、野球の日本−キューバ戦の4回。キューバの6番ペスタノが、松坂の2球目を打ち損じた。打球はうなりを上げてネット裏の記者席に飛び込み、設置されているテレビを直撃。記者たちは逃げ惑った。

 アテネの球場はバックネットが低い。記者席から見ると、打者のヘルメットとネットのてっぺんが重なる。これでは防ぎようがない。松坂の速球にキューバのパワースイングが加わって、ボールには強烈なスピンがかかる。アテネのスタジアムは一瞬の油断もできない「戦場」だった。

 古代文化で知られるギリシャだが、野球文化はないに等しい。開催が決まった98年に競技の歴史も始まった。ネットの高さなど気にせずに球場がつくられたのだろう。こんなこともあった。オランダ戦の2回。二塁封殺でイニングが終了したのだが、同時に三塁走者が本塁を踏んでいた。得点には認められないが、スコアボードには1点多い「3」が掲示された。中畑ヘッドコーチが2度抗議してようやく取り消し。「そんなことまで抗議しないといけないんだよ」と同ヘッドは笑うしかなかった。

 ボールボーイの数が足りず、審判がファウルボールを取りに行くシーンも。日本では考えられないことが、アテネのグラウンドにはいっぱい転がっている。

 試合後、テレビの被害状況を見に行ったが、少しへこんだだけ。ギリシャの野球には驚かされるが、日本製品の頑丈さもまた、おそるべし。【田口真一郎】



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。